人生をシンプルにしたたかに生き延びる☆

毎日やりたいことだけやって生きていく(時にはしたたかに)。ミニマリズムな生き方・考え方を綴ります。

大人の語学留学や旅行にフィリピンをオススメする理由!

f:id:simpledancer:20170126120920p:plain

 

先週コンペティションのため再度フィリピンを訪れました。

東南アジアといえばタイやインドネシアを訪れる方が多いかもしれませんが、私はあえてフィリピンを押したいです!

フィリピンをオススメする理由

 ちなみに現在(2017年1月のレートはこんな感じ)

f:id:simpledancer:20170126111213p:plain

 2年前の今頃は1ペソ3円くらいだった気がする。

年中暖かい。日本がマイナス気温の時でもフィリピンは30度

冬が嫌いな人には本当にオススメです。

いつ行っても暖かいです!

私は本気でフィリピンへの冬だけ移住(12月〜3月)を考えていて、ロングステイビザについても調べてみました。

フィリピンへ基本ビザなしで日本人は滞在できます、それ30日以上は滞在期間が1年間のロングステイビザかリタイアメント用永住権ビザが必要です。

フィリピンのビザ|フィリピン移住|海外移住.com|人気国のロングステイ・永住ビザ情報

日本の冬が耐えられないので来年はフィリピンロングステイするのが目標です。

そしてステイしたい理由はそれだけではありません!

フィリピンはご飯が美味しくて安い

都市部マニラに限って言うと、コンビニはいたるところにあるし、スーパーも大きくて自炊にも困りません。

 

フィリピン名物ハロハロ↓

f:id:simpledancer:20150609012928j:plain

(※ただしスィーツは激甘なのが多い)

ビールが安い

ビールに関してはフィリピンビールのサンミゲルはいろんな種類があって30ペソ(約100円弱)バケツに5本くらい瓶さしてカジュアルなレストランやバーで出してくれるのも、なんと210ペソとかであります!(これ小売の値段じゃない?大丈夫?っていつも思うんだけど)

www.excitecebu.com

個人的にはサンミゲルライト、サンミゲルプレミアムモルツが好きです。

f:id:simpledancer:20150310192758j:plain

日本料理もレストランはたくさんあるのですが味の面で言うと、なんか日本料理と微妙に違うものが出てきたりするので、フィリピンで外食するならフィリピンフードが一番間違いないです。

 

カフェもいたるところにありますしスターバックスに関しては都内より数が多いんではないでしょうか。アメリカーノが120ペソだったので日本円と変わりませんが。 wifiつながるし清潔だし店員さんが珍しく丁寧なので疲れた時はスタバが間違いないです。 

f:id:simpledancer:20170127131642j:plain

日本との時差が少ない

時差は−1時間で、飛行機で大体5時間ほどあれば成田からマニラに行けます。

時差ボケしないので短期旅行には特にうれしい!

ビジネスしてる人も日本と時差がないので連絡取りやすそうです。 

f:id:simpledancer:20170127130939j:plain

 

勉強の費用がが安い

ここ数年すごく人気になってきていますが、フィリピンは英語留学するのにとてもいい土地だと思います。

コスト面だと欧米で英語留学をしようと思ったら1ヶ月だけでも50万近くは最低かかるのではないでしょうか?マンツーマンレッスンにしたらもっと高い。

でもフィリピンなら大体20万円くらいで十分です。場所や時間にもよりますが、

エージェントを使わない場合

私はマニラで3週間で勉強(1日4h×週5マンツーマン)+ゲストハウス(個室)+渡航費で15万円くらいでした。ゲストハウスも私は一番いい冷房つき・お手洗い・シャワーつき・個室 だったのでその値段ですがさらに安く抑えたい場合はもっと抑えられます。外食も安いですし。

www.facebook.com

 ただし遊びポットもマニラには多いので誘惑も多いですが、現地の人と仲良くなって流行りのクラブに連れて行ってもらったりするのもオススメです!(夜のお姉さまたちが居るお店は日本語使ってくるからあまり英語の勉強にはならないですが)

エージェントを使う場合

フィリピンだとエージェントを使ったとしてもかなり安く留学することが可能です、エージェントだとセブ島が多いです。いろいろなプランがあるので気になる方はお問い合わせをしてみてはいかがでしょうか?1週間単位で気軽にいけるのは近いフィリピンならでは。

英語力を身につけたいという目標に特化するのならば費用が安いに越したことはないですよね!欧米諸国の3分の1以下の費用です。

人々が陽気なところ・治安はそこまで悪くないよ!

なんだかこれがなんだかんだ一番なのかもしれません。

基本テンション高い(仕事してる時以外)なのでレストランや売店の仕事中はびっくりするほどテンション低い人が多いんですが、プライベートになるとめちゃくちゃ明るいですし、開放感のあるタイプの方が国民の9割を占めているんじゃないかと思います。

好奇心が旺盛だし。

なんだか知らないうちにこっちのテンションも引っ張っていかれます。

 元気になりたい人にもオススメ!

まとめ

もう、いくらでもフィリピンのいいところと同時に悪いところもいっぱい上げられるんですが(レジになんでそんなに時間かかるの〜〜!!?とか)だけどそれを差っ引いても私はフィリピンが大好きです。

どうも「マニラは危ない・犯罪が多い」なんて巷では言われているのですが、基本的なことさえ守れば大丈夫です。統計的に犯罪率も高いかもしれませんがこれはやはり個人の危機管理レベルによって十分回避できるレベルだと感じます。

f:id:simpledancer:20150212153755j:plain

 フィリピン人の友人のお勧めはやはり海の美しい島(ボラカイ島とか)がおすすめなようです。マニラは海汚いですしね。

フィリピン親善大使になってもいいくらい、何度も訪れたい(滞在したい)国です。

おまけ・お土産おすすめ

1.ひまわりの種 

f:id:simpledancer:20170126100618j:image

これは私が毎度買って帰るひまわりの種のお菓子。

ビールのお供に最高なのです!

 

2.ココナッツ製品

f:id:simpledancer:20150302125017j:plain

ココナッツオイル、パウダー、ウォーター等が安くて良質。小さい小瓶のココナツオーガニックオイルとかは女性のお土産に喜ばれるかも。

 

f:id:simpledancer:20170126100538j:plain

 あとは冒頭でも載せたシリーズのお菓子の特にこのアドボ味!(アドボとはフィリピンのローカルフード)

これ今回も1ダース買って帰りました。

 

simplelifedancer.hatenablog.com