人生をシンプルにしたたかに生き延びる☆

毎日やりたいことだけやって生きていく(時にはしたたかに)。ミニマリズムな生き方・考え方を綴ります。

「やる気がなくて困ってる」という頑張り屋さんの友人に効いた言葉

f:id:simpledancer:20170606102456j:plain

今日久しぶりにあった友人に「なんだか全然やる気がわかなくて。。ダメだなと思ってるけど。。」と話されまして

ふとかけた言葉が「あ、、、なんか元気出た。」と言われたのでシェアします。

 

 やる気ってある必要ある?

その友達に行ったことは

「私はここ2年ほどやる気ないから!てかデフォルト、やる気なす。」

それを言ったら

え。。。

ちょっと楽になったかも。。

だ、そうです。

だってずっとやる気出すのって大変ですよ!!

やる気出さなきゃ!は社会の弊害ではないか??

私はやる気があるから全てが回るとは持ってません。

やる気があっても仕事が回らなかったら意味がなくないですか?

それもあるしやる気がうぉ〜ってある時はもちろんうまくいく場合もあるけど

停滞した時が大変だし。

やる気ってあるなしよりも、本人が行動さえすればいいだけなので

気合は一切必要ないと思うのです。

逆に言えば、やる気が必要だと無理やり燃えさせようってしてることって自分には必要ないきがするのです。

必要ないからやる気が湧かないんじゃないかな?

無理やりのやる気は続かない

「やる気出さなきゃ」っていうやる気は続かないです。

それって結局他人と比較している方からじゃないかなって思います。

悪いことではないけど、やぱり人比べることはとっても苦しいです。

やる気ないけど、やってるうちに乗ってくるって場合もあるし(勉強とか掃除ってそういうことありませんか?)

もしやらなきゃいけない仕事とかであれば仕事の準備だけするとか、一歩だけやればオッケーとかハードルを下げておいて、乗ってきたらやるくらいにする。

それ以外はやる気がなければとにかくだらだらするだけしてみるとそのうち飽きてなんかやり始めるかもしれませんし。無理やり絞り出さなくても大丈夫と思う。

そういう時期もあると割り切れると楽

私も一時期すごくやる気のある時とない時のアップダウンが激しかったです。

その波を紐解いてみると、目標を決めて、ガーッとなったあと、それが終わったあとの燃え尽き症候群のようなものでやる気がなくなってしまいます。

それの繰り返しだなあと思ったのですが、普段やる気がなくてもできるルーティンを作ってしまってそれ以外はオプション、仕事もやる気なくてオッケー、「今日は生理だから」「今日は気圧が低いから」と他の責任転嫁を利用する。

他の人ができているから私もやらなきゃと思うと自分を責める癖がついてしまうので

「まあ、そういう時期もあるよ。でないものはでないからまあ、いっか。」って思う。

割り切りましょう。

まとめ

  1. やる気はそもそも出すもんじゃないから諦める
  2. 他人と比較しないで大丈夫
  3. どうしてもってときは最初の一歩だけやればオッケーとハードルを下げる
  4. 気分が上がることがあればそれをする
  5. 気圧など自然現象のせいにする
  6. 寝る

そもそも、やる気出さなきゃいけない!っていうほどのことはそこまで自分がやりたいことじゃないかもしれない。そこを一度疑ってみるのもいいかもしれません。