人生をシンプルにしたたかに生き延びる☆

毎日やりたいことだけやって生きていく(時にはしたたかに)。ミニマリズムな生き方・考え方を綴ります。

満員電車に毎日イライラして憂鬱な人に!

f:id:simpledancer:20170314134819p:plain


私は満員電車(特に朝のラッシュ!)がいやでOLをやめたことがあります!

今も時々満員の電車に乗ると(まじか。。。)ってなるけど、まあ、毎日じゃないし

ごく、たまになら、まあ事故として捉えればいいかと思うんですが

本当に毎日乗っていた時は

ああ、、、これが毎日続くのか、どうすればいいんだろう。。。?

と朝から暗い気分になり会社に着く頃には疲れ果ててました。

今日時々拝読しているりゅうじんさんのブログが秀逸だったのでご紹介しますね!

りゅうじんさんの満員電車は人生に害でしかない!

www.smile-ryuji.com

「通勤ラッシュ時の満員電車に乗った際のストレスは、臨戦態勢に入った戦闘機のパイロットや機動隊の隊員よりも高く、ジェットコースターが落下する寸前の2倍以上と試算される」

やばくないですか?

臨戦態勢のパイロットより高いって。それ毎日やってたら精神ボロボロなりますよね。。。

ジェットコースターは私好きだけど、毎日やられるとキツイかもw

 

ブログでも書かれているように、知らない他人と極度の密着具合は地獄です!

特におじさんの(おじさんに申し訳ないけど)

オイニーがキーツーな時。

あと香水キツイ女の人も確かに同性でもキツイです!

それからハイヒールとかで足踏まれるのもいやですね!

私もヒールははくことあるし、ただでさえバランスが失われやすいので満員電車に乗る際は靴を履き替えたいくらいです。

たまに踏まれると(しかもその時に限って私素足でサンダルだったり) 

あ、すみませ〜んって軽く言われると

「このブサイクが〜〜!!」ってブチ切れそうになります。w

なのでヒールでもし踏んでしまったら本気で謝りましょう。

 

話が逸れましたが、ぎゅうぎゅうでなければ電車移動も別に人と密着するわけでもなく足を踏まれるわけでもなく日本の交通事情的にはとっても便利な乗り物なのです。

これが地獄車と化してるのは、日本の出社時間が集中してる事件とそれを当たり前に受け入れちゃってる自分だと思います。

満員電車がいやならやることは

f:id:simpledancer:20170408130907p:plain

  1. 仕事場まで徒歩で行ける距離のところに住む(または通勤方法を変える)
  2. 通勤を早朝にしてカフェなどで時間を潰す
  3. フレックスタイム制を申請する
  4. リモートワークのできる仕事にする
  5. 在宅にそもそも切り替える
  6. 仕事を変えてラッシュがかぶらない業種に着く

と思いつく限り書いてみました。

私は今は6と5を少し。

もちろん今の仕事が好きな人は仕事を変える必要はないけれど、家を近くに引っ越すとか、仕事の時間を少しずらしてもらうとか方法はあると思います。

意外といってみると通るかも? 

「仕事の時間をずらすなんて無理!」っていう方も多いと思うのですが

それって上司に相談してみましたか?

言ってみる前に無理と決めずに本当に出社時間自体が厳しければ一度相談してみることをお勧めします。

あなたがちゃんと日頃の業務を行っていれば多少考慮してくれる場合もあると思いますよ!

私はOLをやっていた時

「通勤ラッシュ毎日しんどいのもあるのでやめようと思う」と上司に相談したところ(業務委託でしたが)

「じゃあ、週3とかでもいいから残れないかな?午後出勤からでもいいし」みたいな交渉をされました。(やめましたけど)

別に私は営業職でもなければ売上上げまくってたわけでもなく、社長の愛人だったわけでもありません!

なのでもし今の仕事で通勤を変えたいなら、まずは声を上げてみるって勇気を出してみてください!

最後にやっぱり通勤ラッシュは異常

f:id:simpledancer:20170419044021p:plain


体力的な消耗もすごいですが、なんというかあのイライラ感が伝染する感じがたまらなく辛いです。

もしも全員がニコニコしてたら満員電車も楽しいと思いますが。。。

例えば何かのアトラクションだったりしたら結構楽しめると思うんですが

行き先がみんな「仕方ないから言ってる仕事・学校」である。

というのが諸悪の根源だと思うんですよね。

例えばみんなが

「会社だウェーイ!今日もガンバロー!」

で乗り込んだらそこまで

負のオーラ漂う地獄の列車にはならないと思うのです。

だから究極は一人一人が自分のやりたい仕事をやる、踏み出すことなのかなーって。

ふと思ったことでした!