人生をシンプルにしたたかに生き延びる☆

毎日やりたいことだけやって生きていく(時にはしたたかに)。ミニマリズムな生き方・考え方を綴ります。

時間を作るために食事もミニマリスト化を進めたい。超少食についての面白い本を読みました!

f:id:simpledancer:20170825162934j:plain

仕事中に面白い本を読みました!

私はもともと不食に興味があったのだけれど、不食はちょっと難しいかな〜と思ってた。

でも今日読んだ本を見てウンウン頷いてしまったのでちょっとシェアします!

週3日食!1日3食じゃないですよ!

最初、帯を見たとき

ん?週に3食って事は2日に1食以下じゃん。。

不食はちょっと実現不可能感だったけどこれならいけるんじゃ。。。?

というかもともと少食の方が体も動きやすいし、いいのはわかってるけど少し食べ過ぎてしまうときがあったので改善したくて買ってみました。kindleでも帰るので待ち時間に買って読んでしまいました!

断食やファスティングと違うのは

  • 期間が決まってない
  • 食べたいものを食べても良い
  • 運動を必ずする
  • 運動したときはプロテインを摂取しても構わない

という事でした。

ちなみに著者さんは短時間睡眠で有名な方。

私もショートスリーパーだったんだけど、生活リズムが崩れてきたせいか最近はすごくよく寝るときもある。

というか体と脳が疲れてなければ、(あと顔が疲れた感じにならないなら)睡眠もそんなに取らなくても全然いいんだけどなあ〜と思ってるんだけど。惰性で寝ちゃう時もあるなあ。。

食事は楽しみ?

食事は栄養摂取と言うよりも、楽しみと言うか、娯楽というか、コミュニケーションツールみたいなものが主になってます。

 

別に栄養摂取であれば一緒に食べる必要もないですしね、約束までしてね。

だから不食とか(あ、不食はやらないけど)超少食とかガチのベジタリアンになると

この「楽しみ(娯楽・コミュニケーション)」から解脱(?)する事になりそうで怖いと言うのもあるんじゃなかろうか・・・?

あとは、食べない=死ぬ と言う方程式

 食べない=エネルギーが切れる と言う風に考えていると危機感を覚えると言うか、「食べられるうちに食べておかなきゃ!」って思考になるんでしょうね、きっと。私は多分そう。

だけど私はたくさん動く日や、その前日はあまりたくさん食べると体が動きにくくなるので食事は控えめにする事にしてます。その方が軽くて動きやすいんですよねえー

この本から読み取る少食メリット

少食や不食は対人関係を覗くとメリットしかないような気がします!

メリットとは

  1. 出費が減る
  2. 時間ができる
  3. 集中できる
  4. 体が軽くなる(ダイエットの意識必要なし

大きく分けて4つになると思います。

1.出費が減る

だって3食×7日=21食だったのが1食×3日ですよ!7分の1!

私の場合1日ちゃんと食べるのは1食であとはコーヒーとか豆腐、とかなので1.5食くらいですがまあ、2食と換算しても14食。5分の1近くになります。

そしてお酒を飲まないとするならば(ここ私重要)さらに減りますね。

逆に今まで食べていたものをちょっといい素材のものに変えたりすると満足度も上がりそうだし。体も喜ぶかもしれない。。

2.時間ができる

調理する時間、お店を選ぶ時間、食べる時間 などなどがなくなるとその分仕事ができるし、それ以上に食べ物のことを考えることがなくなれば、もっと違うことにエネルギーが使えるんじゃないだろうか。

で、少食になると睡眠も短くてすむようだから、その分でもっといろいろできたりするし。(著者さんは睡眠時間45分!すごい!)

私だったら練習時間増やして、プログラミングの時間を増やすかなあ〜

 

見たことのないものを発見する動画ショッピングサイト【DISCOVER】

3.集中できる

胃に食べ物が入ってないことで、消化する体力を脳の活動に役立てられそう。

私は昔プログラミングスクールに言っていた時、

合間にチョコを食べないと乗り切れない気がして、ずーっとコーヒーとチョコを食べながらプログラミングしていました!

でも考えてみるとチョコやコーヒーに逃げていたんだろうなあ〜って思います。

本当に集中してる時ってチョコとかさえも目に入りませんからねえ。。

「集中するために間食する概念」がなくなれば、何もなくても集中することができるようになりそう。。

4.体が軽くなる(ダイエットしなくて済む)

物理的に食べないことで、カロリー摂取しないんだから太りようがないですよね。ダイエットって結局

運動したくない・でも食べたい!って人が陥るループですからねえ。

私は運動はしているけど、有酸素ではないので、食べ過ぎるとやっぱり太ります。

デブにはならないけど、やっぱり軽ければ軽いほど、すごく動きやすくなるので、気分もいいんです。

メリットだらけの超少食をやるために取り組むこと

読んでて、書いててメリットしかない!

しかも私は現在会社員ではないので会食や付き合いの飲み会といったものもないので

コミュニケーションのための食事って滅多に必要ないのでやりやすい環境です。。!

まず、なんとなく食べていたものをやめること・食べたい。。。(ような気がする)のを一旦やめてみること。中毒性のあるもの(お酒やアイスクリームなど)を家におかない・買わない。

週に3食は運動量が多いのでちょっとやめておくとして1日1食を心がけたいのと夜中のコンビニでお酒を買ってしまうのをまずは無くしていきたいです!

この食に関してはいろいろ本当に思うことがあって(食品廃棄とか、ダイエットとか諸々)またちょっと書いてみたいと思います。

 

あ、少食の一番のメリットは、アンチエイジングかしら!

不食・少食本をどんどん読んでいきたい。。