人生をシンプルにしたたかに生き延びる☆

毎日やりたいことだけやって生きていく(時にはしたたかに)。ミニマリズムな生き方・考え方を綴ります。

少食にしたら、自己治癒能力が向上した件

f:id:simpledancer:20171030130923j:image

健康な体だとビールが旨い。。。

今回出張中、初日にいきなり風邪を引きました。

踊る仕事なのでかなり致命的なんですが(しかも足を捻挫気味だった)

私は薬を飲むのがあまり好きではないので、基本的にもともと薬には頼らないタイプだったのですが

風邪を引いたら無理にでも栄養はとった方がいいはずと以前は思っている節がありました。

しかし、体が悪い時ほど下手に栄養を摂取してしまうと、内臓に負担をかけてしまうということを本で読み、絶食とはいかないまでも、とにかく漢方を飲んで、水分をとって長時間寝ると。。。

翌日にはひどかった寒気と関節痛が治って翌日には3ステージ何事もなくやりきりました。

 

食事を消化の良いもの最小限にする

私は専門家ではないので体験だけでお話しするとですが、炭水化物(お米や小麦)って消化されにくい(だから腹持ちがいい)つまり胃が一番頑張らなければならないみたいです。

逆に果物って消化がスムーズにいくそうです。(だから病気の時はりんごのすりおろしとかいいんですね)

私はだいたいお腹が空いていると感じれば

  • お豆腐などのつるっとしたもの
  • 甘みの感じる野菜(今回はさつまいも)
  • 野菜スープなど(野菜が固形じゃないのが望ましい)

をとります。

一時期スジャータのこのスープスジャータ めいらく 毎日のめる野菜のスープ 緑野菜 450gにはまりました!冷たいままでも美味しいです。

とにかく消化に負担をかけないものにして、お腹が空いていると感じていなければ食べない。

どうやら病気を直す自己治癒能力は食べすぎると消化に内臓が働いてしまい、治すほうに回りにくくなるそうです。

とにかく温めて寝たいだけ寝る

熱がある場合はしっかり汗をかくことも熱を下げるのには大事です。

体が冷えると免疫力も下がるのでしっかり温めて締め付けないものを身につけてよく眠ることで一気に体がリラックスします。眠くない場合でも体を横にして目をつぶって流だけでも目からのストレスも軽減するのでオススメです。

私もなかなか寝付けなくてもとにかく風邪の時は横たわってうとうとすることにしています。

そうするとだいたいすぐに復活をします。

風邪薬には頼らない

病気って自分の問題を何か気づかせるために起こるものだと思います。

風邪は例えば働きすぎて十分に体をいたわってあげていなかったり

体が冷えすぎていることから引き起こしたりで十分やすみなさい!って体のサインやデトックスのサインかもしれません。

だから病気というのはネガティブに考える必要は全くないと思ってます。

私はストレスは比較的ない方だと思うのですが

常に我慢をしてる人やカリカリしてる女性は子宮系の病気になりやすいそうです。

中毒性の起こりやすいもの(例えば砂糖の過剰摂取やタバコなど)をとりすぎることも

取らないとイライラする!ってなるものはある意味ちょっと控えた方がいいとは思います。

いずれにせよ、食事を減らすと、砂糖の量もかなり減りますし最初は空腹感に不安を覚えますが慣れてくると満腹が苦痛になるので空腹を楽しめるようになります(これほんと!)