人生をシンプルにしたたかに生き延びる☆

毎日やりたいことだけやって生きていく(時にはしたたかに)。ミニマリズムな生き方・考え方を綴ります。

自分に都合のいい人生を作る方法とは

f:id:simpledancer:20171104033418j:plain

昨日amazonで予約していた私に都合のいい人生をつくる

が届きました!下田美咲さんと言う方が書いた本で、私は名前をついこの間知ったんですけどcakesのコラムがかなりツボだったので、この人の書いたものを本で読んでみたい!と思って買ってみた!

この人の書いている内容はすごく正論だけど世間的に実行できる人は0.001%ではないだろうか?でも実行できたらきっとすごく都合のいい人生を作ることができるな!って思いましたよ。

都合がいいって、なんか世間一般で言うとちょっとズルしてるみたいな印象を受けるけど、都合がいいって最高じゃないか!って思ったのでざっくり書いてみました。興味ある人は買ってみてください。

下田美咲さんという人 

コラムを読んでてすごくいいな!と思った。

自分の気持ちに正直だし、媚びもない。人がいいにくいことをバシバシ書いてのける言ってのける。すごく読んでいて気持ちがいいと思ったのです。

ameblo.jp

youtubeで飲みのコールの動画とかアップしてたり、なんか面白いこといっぱいやってます。

もちろん見た目も可愛いけど、本当書いてることやってることがぶっ飛んでて楽しいです。

ちなみに最近ご出産されたようです無痛分娩で。

それについてのコラムもよかった。

cakes.mu

「お腹を痛めて産むからこそ我が子は可愛い」などと言い出す母親も多いけれど、「じゃあ父親は何なの?」と思う。それは完全に父親を侮辱していて全国の父親に対して角が立つ発言だし、子どもを溺愛していて本当にしっかり育てているお父さんなんていくらでもいるのに失礼な話だよなぁと思う。

私は、世のお父さん方が我が子に抱いている愛情が母親のそれに引けを取っているとは思わないし、子どもへの気持ちと出産時の痛みは何の関係性もないと考えている。

私の友人も最近子供を産んで、病院にお見舞いに行っってきたのだけれど、分娩室でまさに産もうとしている妊婦さんの叫び声がずーっと(お見舞い中の1h)聞こえていて

いやいや、私無理っすって思った。

ちなみに友人はびっくりするくらいの安産だったらしいです。

幸せになる、幸せでいるという決意

f:id:simpledancer:20171105101654j:plain


 私自身はとても今幸せだと思う。

だけどできることならもっと幸せになりたいし、お金だってあるに越したことはない。

なくても物欲自体があまりないのでまあ、生活はそこそこしていけるけれど、

よくをいうのであれば、もう少し広い家にすみたいなとか、ショーの仕事もっと減らして練習だけやりたいな、とかそういうの結構掘り出すとキリがないくらいいっぱいあるかも。

「幸せじゃない」なら今なぜ幸せじゃないのか分析して、それから何をどう補えば幸せなのか? を考える必要がある。幸せになる、幸せでいるためにはそのための行動が必須で、なんとなく生きた先に自然に幸せになれるほど 人生のデフォルトは素敵じゃない。

"幸せになる"と決意して進むこと。

"幸せでいる”とこだわり続けること。

 

その先にしか幸せになる人生などありえない。

流れに身を任せるにしても

  • 自分にとって何が幸せなのか
  • それって他人から見た幸せではなくて自分が幸せだと感じるのはどういう状態なのだろうか。

まずは自分で何事も決意することが重要だと思う。

嫌いなものと関わらない生き方

f:id:simpledancer:20171104033807j:plain


日常を生きているとどうしても嫌な人が職場や学校にいたり

仕事の部分でいやなところがあったりするかと思います。

まあ、あまり関わらなくても生きていけるなら

すっと離れて仕舞えばいいんですけど

真面目な人ほど「人を嫌っちゃいけない」とか「この人にもいいところはあるはず」とか「好きになる努力をしよう」とか考えてしまうかもしれない。

 

確かに人のいいところを探すのはすごくいいと思うのだけれど、そもそも嫌な部分がありまくるし、自分とソリが全く合わない人だとかとはやっぱり一緒にいるだけで心が疲れてしまうしその人がいくらいいところがどこかにあったとしても自分にとってはやっぱり嫌なもんは嫌だから避けたいものだ。

大人になったら、幸せになれていないのは自分のせい。

そうなんです。よね。

まさに。

嫌な人と関わらなきゃいけない状況にしているのは自分。

本にも書いてあったんだけど、義務教育までは自分で生活していくのは大変だから

嫌な親や兄弟でも付き合っていかなきゃいけない。

だけど大人になれば自分の面倒は働けるしいくらでも選べるのだ。

それを選んでいないのは結局は自分なのだ。

私はしょっちゅう愚痴を人から聞くと

「じゃあ、仕事変えればいいのに」とアドバイスするのだけれど

そういう人は絶対に「でも、だって」が口癖でやめないでずっと愚痴を言っている。

いくらでも仕事やパートナーなんて変えられるのにやっぱり自分で自分を不幸にしているのだなあと感じてしまう。

きっと世間でいう正しさを念頭に置いていると

「しなくちゃいけない」に縛られて自分から不幸になりに言ってしまうのではないだろうか。

大人は自分で行動が選べるのになんだか子供以上にしなくちゃいけないと言う思い込みがあるだけで、本当は子供以上に自由なはずなんだよね実際は

自分を変えたいなら勇気がいる方を選ぶ

 勇気がいる方を選ぶということは、それだけ決意も必要だし、大変だし

だけどその分大きく未来が変わる可能性があるということ。

やりたいかやりたくないか。

やりたいことをすることも勇気がいるし

やりたくないことをやめることも勇気がいるかもしれない。

やりたいことをしないままの人生、やりたくないことを続ける人生。それもありかもしれないけど、このままの生き方がそのまま続くだけ。

やはり変えたいなら勇気を出さなくてはならないのだ。

まとめ

都合のいい人生を作るには

  • 幸せになる、幸せでいると決意する
  • 嫌な人や嫌なものとは関わらない
  • 勇気のいる方を選ぶ、実行する

分析、行動が必須だけど。

わかってる、わかってるけど、できないんだよう。。って人は下田さんの本を読んで反芻するといいかもです。ちょっとまとまんないけど、私ももう一度よみかえそう〜!

可愛い表紙ですが、書いている内容はかなり本質的ですし、言い訳している自分に気づくかもしれません。オススメです。