人生をシンプルにしたたかに生き延びる☆

毎日やりたいことだけやって生きていく(時にはしたたかに)。ミニマリズムな生き方・考え方を綴ります。

少食は人類全ての悩みを解決してくれる。不安から食べると体に悪い。

f:id:simpledancer:20171105101554j:plain

引き続き少食ネタです!

久しぶりに食べない人ほど仕事ができる!を読み返しています。

この著者さんの本は週3日食なのですが、私は1日に1食、ないし、仕事が夜遅いのでお昼に1食食べて夜仕事が終わってから胃に負担にならないようなおつまみと晩酌って感じにしています。炭水化物はほとんどとりません。

 

 

野生動物は臨戦態勢の時は空腹状態

つまり「腹が減っては戦はできぬ」は結構嘘!

ってことになります。

私も大事なショーや仕事の前はほとんど食事をしません!

というのも体が重くなってしまうし、ぼーっとしてしまうのです。

逆に食べなきゃ無理!って人もいます。それで動けるのならいいのかなーという気もしますが

もし思うように力が発揮でいていないのなら食べるのをやめてみるのがいいと思ってます。大概が、食べなければエネルギー切れしてしまうのではないか?という不安で食べている場合があるので。

 残すことへの罪悪感

ameblo.jp

食べ物を残しちゃいけない という信仰が根強く残っている気がする。

そういう私も30すぎまで、食べ物残しちゃいけない!って思ってた。

最初から頼まなきゃいい、または量を少なくしてもらえばいい!と。

もし可能であればそれをしてもいいし、

私自身そもそもの食べる量がめちゃくちゃ減ってしまったので、減らしてもらっても食べきれないことが多い。

そんな時、無理して食べると体に負担がかかる→後悔する

残す→その時はちょっと申し訳ない・勿体無いと思う→体調がいい

になるのがわかっているので、躊躇なく残しておく。

残すの勿体無い思考は小さい頃の教育のせい

勿体無いとか、残しちゃダメだっていうのは小さい頃の給食残しちゃダメとか母親の残さず食べなさい信仰だと思うんですよね。間違いなく。

小さい時って体型もみんなバラバラなのに、同じ分量食べられるわけないのに、

今考えたら、拷問みたいなことされてたなー。。と思います。

私は身長もちょっと小さめだったし、好き嫌いもそこそこあり(当時アレルギーとかはなかった)給食のパンが1個丸々食べられるのが、ありえなかった!!今みたら多分ドトールのミラノサンドくらいの大きさ何dなろうけど。当時は、これ、給食の時間に食べきれるわけないっしょ!!って感じだった。

ギリでパンは持ち帰ってもいい というルールだったので、パンはだいたい丸ごと持って帰った(持って帰ったところで食べないのだけれど)おかずだけで給食時間45分食べきるのは至難の技だった。だいたい掃除の時間まで食べてた。

体が大きくなってからはかなり食べるのが早くなったのだけれど、それも、早く食べなきゃ怒られる。と思っていたからスピードがめっちゃ上がってしまって。大食いではないけれど、咀嚼をしなくなっていった。

なんか教育がそもそも間違ってるよなあ、、。 食べ物を粗末にしちゃいけないのに、自分の体を粗末にしていいのか?

無理して食べることは体に恐ろしく負担をかけるのだと思う。

食べず嫌いは、もしかしたら、新たな可能性を無くしてしまうような気もするけど、一度食べて、いや、これ、私無理やわ。。って判断したものを作ってくれた人に申し訳ないとか、勿体無いとかの理由で食べたら、、、、食べ物に限らず

嫌なことでも我慢してやらなければいけない。他人に申し訳ないから。迷惑がかかるから。

これに通じると思いませんか?

と、書いてて思いました。

胃が小さくなるので食べ物が少しで満足になる

少食のメリットは胃が小さくなることです!

つまり少しで満足するので、まず、太りにくくなるし、自分の許容範囲を知れるというか。足るを知ることができると思うのですね。

そうすると、全然がっつかなくなるのです。

自分が必要なものをわかってくる感覚が得られるのだと思う。

これ、食べ物以外でも感じるんですよね。自分が何を選ぶのか。

どれもこれも、とりあえず取っとこう。じゃなくて

これは必要、これはちょっとだけ要る、あれは要らない、というように。

不安から食べてしまうなら

f:id:simpledancer:20180606185135j:plain


総じていうと、今食べておかないとというような、未来に対する不安から食べる、

怒られるから嫌でも残さず食べる、勿体無いから残さず食べる

全部、不安とか恐怖から食べて要ることになりますよね。

思うに!美味しく食べてるぶんには太りにくいけど、そういう不安とともに食べるものが太りやすく余分な脂肪を蓄えてしまうのではないだろうか!!?

という結論に至りました。

じゃあ、どうするか、

私は最後の一口、食べるか食べないか、これを実践してました。

だいたい勿体無いから食べる、とかだったのを

いや、サンドイッチの残ったパンの耳部分(しかも具がついてない状態)とか

ご飯一口とか、残す。

自分はこれ、今食べたいか食べたくないか。と。

それを実践していった結果、今では機内食とか半分以上普通に残すし。

軽食についてはもらわないことが多い。もらっても開けずにそのまま返す。

勿体無い信仰こそ、自分に勿体無いことをして要ると思うんだよなあ。