人生をシンプルに生き延びる☆

毎日やりたいことだけやって生きていく(時にはしたたかに)。ミニマリズムな生き方・考え方を綴ります。

常識を疑え!〇〇しない生活の実践

f:id:simpledancer:20171021143155j:plain
なんとなくやる気がしなかったり

なんとなくだるかったり、

幸せってなんだっけさといろんなものに溢れた生活をしていると感じます。

あって当たり前だと思っていたものが本当はいらないのでは?

ミニマリスト気味になって、色々減らしていくうちにモノだけでなく人間の生存するのに必要であるという常識のものを減らしていくことに興味が湧いてきました。

 

家を持たない

アドレスホッパー

ノマドライフと言うと、まだまだ私の周りでは理解されていない生き方なのだけれど

多拠点生活だったり、家がないで、行きたいところに転々とするほうが自然災害の多い日本においては、かなり良い生き方ではないかなあと思うのですが。

ホリエモンさんが過ごしてるようにホテル住まいとか。

だって家事や生活必需品(例えば歯ブラシやタオル、トイレットペーパーなどの消耗品)をホテル住まいだと揃える必要もないのでホテル暮らしは割高だけど忙しい独身者にとってはコスパのいい暮らし方とも思えます。

持ち家にしても賃貸にしても海外に比べて日本は契約の縛りがあるから移動するのがすごく大変。違約金とか払うのもったいないし、引っ越し費用が高いからいやだなあ、住みにくいなあと思ってもなかなか引っ越しするのにも躊躇してしまう。

人間はもともと移住生活をしていたのだし、この先もっとアドレスホッパー的な行きかたは増えていくと思うのですが、、不動産運用とか以外は家を買うのはリスクしかないかと思える。

しっかり食べない

3食しっかり食べることが大事とされている

食べることというのは大事かも知れないけど、しっかり食べると太ってしまうし

そこまで食べることに時間を割かなくてもいいよねって思う。

食事すると眠くなるし、体にも負担がかかるので。

不食になってみたい、とかヴィーガンになってみたいという願望もあるのだけれど今の所不食は置いておいて完全にヴィーガンするのも難しい。

ダイエタリーヴィーガンではなく、環境や動物愛護という意味でのヴィーガンの考え方はとても好きです。全く動物質を取らないのは大変だけど、できれば食べないというというくらいに今は落ち着いています。

あと、食事は他者とのコミュニケーションツールかな。

寝ない

完全な断睡眠は人間生きていけないらしいですが、

45分睡眠でも生きてる人もいますし(著者の堀さんは45分睡眠)

芸能人とか忙しいひとほど寝ない人が多い気がします。

私は比較的睡眠が少なくても大丈夫だなーともともと思っていたけれど

きっともう少し寝たほうが回復力とかつくのかなー疲れ取れるかなーと思ってました。が、睡眠時間と疲労回復には相関性はないそうです!これ驚きですよね。

長時間寝たほうが疲労回復というのは、単に時間だけが長く立ったので寝ると回復してるらしいです。

睡魔自体は長時間寝なくてもちょっとしたお昼寝だけでも意外とスッキリしたりしますものね。

私は今の所5時間前後の睡眠時間が平均でしょうか。

個人的な感覚としては夜中の3時すぎに寝て、朝7時くらいに起きるのが体が楽に感じます。ただ、お酒を結構たくさん飲んでしまった日は起きるのがしんどいので、短眠にしたければお酒はできるだけ避けたほうがいいですね。

その一般的な常識は数百年前は非常識

f:id:simpledancer:20170924111030j:plain

結婚制度、学歴、3食、睡眠、定住

全部数百年前には今とは全く違うものでした。

だから自分、これでいいのかなあーとここ最近の多数だけに目を向けずに

自分が必要ないと本当に感じたら切り捨てる、減らす、なくすほうが

やりたいことに時間が裂けるし、生きやすくなると思う。