人生をシンプルに生き延びる☆

毎日やりたいことだけやって生きていく(時にはしたたかに)。ミニマリズムな生き方・考え方を綴ります。

文章を書くのが好きな私がWebライターが続かなかった理由

f:id:simpledancer:20200114200755j:plain

今、海外のバンコクに滞在しています。

実は去年の12月ごろから、テスト運転的にwebメディアでライターをしてみました。

自分的には対してお金にもならないけど、勉強のつもりで始めたことだったのですが

1か月ちょっとで

「んーー、、やめよう」

って思ってやめちゃいました!

やってみて感じたことを書いてみようと思います。

webライターや、ライター業にちょっと興味のある人は参考になればなーと思います。

始めた理由はハードルが低かったし、文章書くのが苦じゃなかったから

私は海外に中期滞在をする予定でしたので、収入源の一つとして考えていました。

エンジニア業と違ってエラーも出ませんし(添削は入りますが)

ブログになれていたので長文も苦になりません。興味のあることだと調べるのも楽しいし。

そんなこんなでちょっとした知り合いから振ってもらったwebメディアで書くことになりました。

実際旅行中もwebライターの方も多く、一部の人はかなり稼いでるようでもありましたし、エンジニアやデザイナーと違って手に職、というわけではないけど、その分誰にだってすぐできる可能性の高いものだなと思いました。

あと、単価安くてもブログにも文章力とか行かせるんじゃないかと思って。

ブログとは全然違った!苦しかった理由

これは完全に向き不向きだとは思いますし、文章力をあげるとか、構成力という意味ではマニュアルをいただき、とても勉強にはなりましたが、結構楽しくなくて、ああ、これもうやりたくないな!って2記事目で確信してしまいました。理由は以下です。

  1. 納期が決まってる(緩めには設定してもらっていたものの)
  2. 口調を統一しなくてはいけない
  3. 画像を差し込むタイミングやKBの指定
  4. 類似度チェックを毎回通さなくてはいけない
  5. 常に、顔色をみながら書かなくてはいけない
  6. 書きたいと思わないものを書かなくてはいけない
  7. 自分が思ってなくても、さも自分が思っているように書かなくてはいけない。
  8. 単価の割に時間が取られすぎる

などなどです。もちろん自分のスキルが未熟な部分もありますが、個人ブログだとやらなくてもいいことがwebメディアだとやらなきゃいけないわけで。

あと、自分にとって、本当にそう思わないことでも編集者さんの以降に沿わないものは書き直させられるという点とか。諸々。

やっぱ、ブログがいいわ。自由に好きなことをかける個人ブログは最高だなと思いました。

とはいえ勉強になったのは事実。気になる人はまずはやってみよう。

f:id:simpledancer:20190407081054j:plain
勉強になったのは事実ですし、マッチする案件に当たれば、それこそ文章力も磨けて、実績もつくれて、お金にもなりますし。

結局合う合わないは本人次第ということになりますので、まずはやってみるといいと思います。

最初はハードル低く、クラウドワークス などのクラウドソーシングサイトなどからタスク案件や単価の低い仕事でハードルの低いものや、低くても自分が興味あることなどが書けそうなのに応募する。

それで続きそうならどんどん応募したり、自分の好きなwebメディアでライターを募集していないかなど、問い合わせてみる(時々募集中とかって書いてるのが多いです)

リモートワークの中では比較的ハードルが低いので、迷ったら、まずは自分で問い合わせて書いてみるのをお勧めします。