人生をシンプルに生き延びる☆

毎日やりたいことだけやって生きていく(時にはしたたかに)。ミニマリズムな生き方・考え方を綴ります。

社会復帰!アラフォー就活状況と心が折れる時。

f:id:simpledancer:20201109120922j:plain

アラフォーからの就活事情をレポートします。
先日のPET検査で完全に癌が消滅・転移なしという判断が出ました!
ますます社会復帰せねば、、という気になっている次第です。
そして、12月ごろから応募を少しコンスタントにし始め、面談もたまに入れていましたが、アラフォー転職こんなに決まらないとはびっくりでした。
(私の探しているのはある意味技術職なので少し覚悟はしていたのですが)
「まあ、派遣やバイトならすぐ決まるかな」と思ってたし、メンターにも「これくらいのスキル感ならすぐ決まりますよ」
と言われていたのですが、常駐の仕事全然決まらない、、、!
そもそも私自身、就活経験というのはあまりなく、今までも派遣にせよ、結構簡単に決まっていてダンスの仕事も基本が紹介だったためにこんなに立て続けに断られることに慣れていないためびっくりというよりも毎日心が折れまくってます。

就活鬱になる気持ちがちょっとわかった

f:id:simpledancer:20210202140551j:image

気分転換のサイゼでティラミス↑

新卒の就活鬱の話を学生時代から聞いていたけれど、全く実感が湧かなかったんです。
私自身就活を数週間やっただけで、結局やりたいことやろーってなって大学卒業後は就職せずに、海外に行ったり、地元を離れて演劇やってたので、、、。
もしかしたら20代だったら今の同じ業種でも採用されていたかもしれないですが、アラフォーは間違いなくスキルがないとキツイです。
幸か不幸か、今は実家住まいなので、衣食住は問題なく過ごせています。
だけど、やっぱりお金云々もあるけど、仕事してないと人としてなんだか役たってないのが辛い、、。自分のやりたいことができないのが辛い、、、。
就活鬱になる人の気持ちがちょっとわかりました。
お金以上に、「私は選ばれなかった=私はダメな人」というレッテルを自分に当てはめてしまうんですね。
そうすると、自分自身の人格否定に入ってしまうのです。全くそうじゃないのに。
この辺のうまい具合のメンタルの保ち方を今回身に着けるいい機会なのかもしれないです。人生はまだまだ続いていくのでしょうから。

気持ちを切り替える術を身につける

f:id:simpledancer:20201112142032j:plain
瞑想する、ヨガする、寝る、、などなど気持ちを切り替えることがまずは一つで
単純にPDCAを回すのも就活や試験においては大事なのかなと。
毎度の面談の時に自分のここは変えたほうがいいかも?とかもっとポートフォリオを充実させたほうがいいかも?など都度都度いい方にブラッシュアップできるように改善していくと、自分自身もアップデートされていくのかと思います。
よくないのは、選ばれなかったことは人格とは関係ないのに、人格と結びつけてしまって落ち込むことだと思いました。(性格自体がその会社や仕事に求められてることに合わないってことはあるかと思いますが)

あと、gakctさんがインタビューに答えてるの読んで、ああ、心折れるーって言ってるくらいの人は絶対的な挑戦数が全然足りないとも。

1日ナンパ50人て凄いな。失敗は成功までのプロセス

強い。
ちゃんとその辺の切り分けを念頭に置きつつ、就活を続けていきます。