人生をシンプルに生き延びる☆

毎日やりたいことだけやって生きていく(時にはしたたかに)。ミニマリズムな生き方・考え方を綴ります。

どんな自分にもOKを出して行ったらどうなるか?変わったこと、感じたこと。

f:id:simpledancer:20180506082743j:plain

ビジネス系の本を読んだり、夢を叶えよう系の本を読んだり、または成功者の人の本を読んでたら、やる気でメラメラ燃えられます。しかしそれと同時にちょっとサボってしまった日、できなかった時、うまくいかなかった時は

やっぱり私はダメなんだ、、、

なんて思ってしまって、モチベーションが下がってしまうことがあります。

そんな時にそんな自分もOKだと認めることが結構重要だなと感じます。

みんな自分に厳しいかも

ストイックな生活をしている、とかそういう意味ではなく

いつも誰かと比べたり、こんな自分ダメだな、とかできないことやなんやかんやで否定をしてしまうことってありませんか?

(私はしょっちゅうあります)

私はある特定の分野に関しては、ストイックだそうですが、

自分の中では全然当たり前のことだったり、むしろできないことがフラストレーションで自分を褒めることをしていませんでした。

または、出来た日は褒めるけど出来ない日は

なんで私はこんなことも出来ないのだろう、、

などと責めてしまうことがあります。

そういう感じで人は自分にすごく厳しいんじゃないかな、優しい言葉をかけてあげることがないんじゃないかな。

出来なかったとしても、他の方法を考えるなり、出来なかった自分をしっかり認めることで自分をいじめないでいられるんじゃないかとも思いました。

他人からの目線を気にしないで生きる

出来なかったら他の人にこう思われるんじゃないか?

とか

こう思われたらいやだなあ

とかそれに対しても卑屈になってしまうと、もっともっと行動力も鈍ってしまうし

やる気が落ちて行くような気がします。

自分が自分のことをOKだ、と認めることで他人からどう思われるかという意識は薄らいで行くのではないでしょうか。

そして完璧に出来なくてもいい、

頑張ろうとした自分とか、もう全部にマルをつけるようになる。

  • そんなの自分を甘やかすことになるんじゃないか?
  • 目標が達成できないんじゃないか?

なんて思っていた時期もありましたが

甘やかすことと自分を労わることはちょっと違うんじゃないかなって思います。

ずっとポジティブでいることは難しいかもしれないけど

こんな自分はダメだ、という否定さえしなければOKなんじゃないか。

基準としては自分がモヤモヤしていたら、なんか違うぞ。

感覚を信頼するのが大事なんじゃないかなと改めて感じました。