人生をシンプルに生き延びる☆

毎日やりたいことだけやって生きていく(時にはしたたかに)。ミニマリズムな生き方・考え方を綴ります。

引きこもり中の今、オンラインで出来る行動を始めてみる

f:id:simpledancer:20200303082419j:plain

東京はロックダウン、するの、しないの?どっち??

って言う現在の自粛宣言。

地方に流れていく若者も多いようですが、そうすると仮に保菌者の場合、実家の両親や祖父母にうつしてしまうと言う可能性が多大にありますので、地方には戻らない方がいいと思う。

状況にもよるかもしれないけれど、今できることは自宅待機、なのかもしれません。

こんな中お仕事をしてくれてる医療関係者の方や物流、ドラッグストア、スーパーさん。とってもありがたいです。

もう、家にいるしかないやーんって人はオンラインでできることを経済活動、勉強、交流色々始めてみるのはいかがでしょうか。

オンラインで学習する

f:id:simpledancer:20200114201019j:plain

やはり筆頭は学習がいいですね。

  • 語学
  • プログラミング
  • デザイン

人間の根本的な欲求の成長したい欲をこのひまな時期に育てましょう。

私は今の所はweb制作に必要なコーディングをするための模写とPHPを勉強ゆるくやってます。

しかし、作業ばかりでは上達しないのでもっと案件を取っていきたいと思います。。。が今はクラウドソーシングサイトはかなりレッドオーシャンですね。

安い単価のやつに何十件も応募があります。アプローチを変えたほうがいい気がしてきた。。。!

オンラインでできる仕事をする

f:id:simpledancer:20200219214410j:plain
この騒動で仕事が減っちゃった人、なくなっちゃった人はオンラインでできる仕事をやってみましょう。

エンジニア、デザインの仕事はスキルがなくてはできませんが、比較的にスキルよりもまずやりながらじわじわ上達していける分野としては

  • webライター
  • ライブ配信
  • 自分の得意なことをオンラインで販売
  • アフィリエイト

この辺りがとにかく行動するのみ、、、!な分野だと思います。

私はブログを書くのは好きなので続いていますが、アフィリエイトをしなくてもブログで発信していくのはおすすめです。気持ちの整理がついたり、その言葉が誰かの助けになる場合も多々あるので。

オンラインイベント(飲み会など)

オンラインで飲み会、私もやったことあるんですが、意外と楽しいんです。

私は2人対1人で海外と日本でスカイプを使ってやりましたが、今はzoomやアプリが使えるから複数人の飲み会でも問題ないし、オンラインの良いところは

  • 好きなお酒が飲める
  • 好きな料理が食べられる
  • 自分のタイミングで退出できる
  • すぐ寝られる

ところでしょう。外出しないので時短でお金も自炊すれば安上がり。

引きこもるのは良いけど、一人は寂しいよ〜って寂しがりやさんにはオススメです。

あと、宅飲みはヘルシーなメニューを自炊で取り揃えられるので個人的にはありがたい。

まとめ

今はとにかく引きこもるしかない、、、!

ならば少しでも自分が成長できることをして、楽しく過ごすことが重要であると思います。

いい気分でいること以上に大事なことは何もない。

そう、エイブラハム(引き寄せの法則)も言ってるわけですから。

どうか暗い気分にならずに、必要のない人は外に出ずに引きこもって経済活動、趣味、学習を楽しんでお過ごしください。

1日3食の習慣を辞めて少食になれば、多くの問題が解決するのでは

f:id:simpledancer:20200309201616j:plain

1日3食って当たり前だよね?

例えば今の1日3食って近代になってから、エジソンがトースターを売りたいために朝食を勧めるようになった、、と言う有名な話があります!

私は、その時空腹であれば多少何か食べても良いけれど、空腹を感じない状態だったり

前の食事から時間がほとんど立ってない時は食事っていらないと思っています。

現在は1日に1食〜2食でほとんど主食とされるパン、米、パスタなどは食べません。

以前から少食いいよ〜〜!と言いまくってるのですが

このコロナのロックダウンするやしないやの話が出た時、少食だったら1日に食べる量が減るし、色々不安になる要素が減るのでは、、、?と思いました。

非常時に普段から少食だと良いこと

  • 大量に備蓄しなくても不安にならない
  • 飢餓感がむしろ気持ちいい
  • 太る心配がない
  • 買いそびれても、また今度でいいかと言う楽観
  • 外出禁止でも太りにくい

などでしょうか。

外出禁止、自粛となると、やはり歩かなくなるので運動量が減ります。消費カロリーが減るので太りやすくなります。

また、家に備蓄として買った食料が大量にあるので、やることがなかったりすると余計に食べてしまうと言う負のスパイラルに入ります。

デブまっしぐらです。

少食になる最初のステップ

f:id:simpledancer:20181027120721j:plain


いきなりドカンと減らすとストレスになるので個人的にはちょっとずつ減らして胃を騙す、、知らない間に胃に慣れさせるのが良いかと思ってます。

  • 主食をお米にしてる人は大盛りにしてたところを普通盛りにする
  • 噛む回数を意識的に増やす

など。咀嚼数は結構大事だと思う。私はあまり咀嚼しないのですが、たまーに意識して咀嚼するとすぐにお腹いっぱいになってしまいます。胃腸の負担をかけさせないためにもよく噛むのはおすすめです。(私もこれはできてないから気をつける)

少食系の本を読みまくって自己洗脳 

不食の本もおすすめなのですが、人によっては受け入れられないと思うので、少食の本とかから読むと良いかなと思います。

少食、断食をすることで、慢性疾患、生理痛の軽減など体重や気分以外のリアルな病気も治ったりするので、体験して欲しいなと思う。

持病がある人はかなり注意しながらやる必要はあると思うのだけれど、明らかに体によくない

  • 糖質、特にショ糖の含まれるもの
  • 化学調味料バリバリの食品
  • 加工品
  • ジャンクフード

これらを少し控えるだけでも体は随分変わると思う。

本で知識を得ると上記のものは食べたいと思えなくなります。

まとめ

断食よりも少食の方がハードルが低いし、辛くない。むしろ体の負担も減ります。

私は長期の断食よりも1日1−2食ならほぼ半日以上が断食してることになるので胃腸の負担はかなり減ると思います。

少食のルーティンなどはまた書いてみようと思います。

少食に慣れば

  • 飢餓の不安がなくなる
  • 体調良くなる
  • 痩せる
  • お金減らない

が徐々に付いてくるのでとってもおすすめです。特に不安な昨今はぜひ体験してみて欲しいなと思う。

今の私にとって本当にやりたいことを周りを気にせずにやる

f:id:simpledancer:20200325093350j:plain

多少の妥協はあったかもしれないけれど、比較的やりたいことはやってきた、、、つもり。

どうしてもやりたくないことはやめて、やりたいことを続けていたつもりだった。

もしかしたら周りから見たら、私は相当自由人なのかもしれないし、私も日々は感謝している。

最近はデザインの仕事もちょこっとずつ受けれるようになってきたし、自分でHPもWordpressも自作できるようになった。

踊りの仕事も続けられている。

が、しかし、すごいワクワクすることがないのだと。

そしてワクワク、といえばバシャールですね。

本を読んで、わかってるつもりだけど意外と行動ってできてないものだなあとふと最近思う。

これって今本当にやりたいことだったっけ?

踊りにしても、Webの仕事にしても、多分もっと集中するべきとは思うし、その方が稼げる。なのになんだかつまらない(もちろん楽しいと思える部分はある)

なんか、結局「できること」の範疇から出てないからつまらないのかもしれない。

新しいことに挑戦したりすることをしてないせいもあるのかも。

結果に予想がつくこととか、やっぱり安心だけどつまらないものなのだなと思ってしまった。

最近はまたたくさん本を読むようになった。何かの答えを探すためのような気がするけど、答えは結局自分が一番知ってるんだよなーと思ってる。

よくある質問だけど

もしもお金も自由も時間もあって何も制約がないとしたら、今の仕事、生活を続けますか?

これは一部は続けるかもしれないけど、一部はやめられるならやめたいなーって思ってる部分がある。

でも「今でも十分ありがたいのに、これ以上はなんだか贅沢な気がする」と思ってる自分もいる。

変に謙虚だな。本当はもっと~~したいと思ってる自分も認めようと思う

自分が本当にやりたいことはコロコロ変わっても良いと思う

f:id:simpledancer:20200225112003j:plain時々でやりたいことと仕事をコロコロ変えてきた。

とっかかりは簡単なところから入って、あるところで安定して安住して飽きる、というのが私のパターンなのかもしれない。

だから突出もしなければ、平行線のままで、ある程度周りとうまくやれている。

死ぬほどではない。

だけどそれってちょっと退屈なのだなと。

ある種、こんだけ恵まれた日本で、そんなこと言うのは贅沢と言う見方もあるのだけれど、こんなに可能性とかチャンスのある条件でグダグダしてるのはとてももったいないことではあるとも言える。

なるべく「やりたい」と思ったことには幾つであろうとフットワーク軽く飛び乗っていきたい。 

ちなみに最近やりたいことは料理(主に泡立てるとか)・ひたすら本を読む・PHPの勉強、、地味。。!練習に自粛ムードでなかなかいけないので自宅でできるやりたいことを細々とやっていくしかないかな。今日はなんだかつぶやきになってしまったようです。

現在は外出を控えて、、、と呼びかけがあるように、自宅で内観するのも良いかもしれません。ちょっと迷いのある人はノートに書いてみたりすると新しい発見があるかもです。

鬱々とした時は意識的にルーティンから抜け出す

f:id:simpledancer:20200223222005j:plain

旅したい、、、!

けれど現状は難しい自粛モードなので家や近所のカフェなどで黙々と

案件提案、ブログを書いたり、本を読んだりしてます。

諸外国に比べて外出できるだけありがたいですが、温度差がすごすぎて結構怖いです。

さて、今朝、というか、この数週間、日によっては

「だるいなあー、起きたくないなあーこのまま寝てたいなーでもおきないとなー」

という葛藤が起こるようになっていました。仕事の有る無しに関わらずです!

私はほぼルーティンが決まっていて毎日同じような繰り返しなのですが

こういう鬱々とした場合は少しでもいいから毎日のルーティンに変化球を投げると気分が変わっていいなと思いました。

小さなことを変更してみる

f:id:simpledancer:20200319095225j:plain

今までは某チェーンのvコーヒー店に行ってたんですが、(安いし、比較的席間のスペースが近所のは広い,wifiある)

そこはおじさん、おじいさん率が高くて、めっちゃ咳とかくしゃみとかがやばいのでお値段はちょっと上がりますが、出来るだけスタバに行くようにしてます。

年齢層が一気に変わりますね(道隔てた向かいにあるのですが)

また、頼むものも基本的にはブラックのコーヒーしか頼まなかったのを日によって、ソイラテにしてみよう、など。

食事にしても、最近は完全にルーティン化していたので、何かに集中したいときはその方がいいけれど、それもちょっとずつ変更してみようと思います。

新しい発見をする簡単な方法

やっぱり一番は本を読むことだと思います。

できれば今まで手を出さなかったタイプの本。とか。

興味はあるけど、でも、、、って分野の本とか。

今は行動自粛なので、せめて本で新しい世界を知って行くと世界が広がると思うんです。

最近神聖幾何学にハマってまして、調べてたらこういう系の本はkindleがほぼないんですね、、、。紙の本を購入しました。もうすぐ届きます。

 あと最近は岡本太郎さんの本を読んでいます。もともと何冊か読んでいたので読んだことのない本をkindleで読んでます。

まじで全身を揺さぶられます。言葉が強いw

おすすめです。

そのほかに最近は暗号通貨の本も読み出しました。一時期自己啓発、スピリチュアルに傾倒してたのでちょっとだけずらして読んでます。

一気に自分を変える方法

f:id:simpledancer:20200223221744j:plain
先日youtubeを再生してると「普通の人はやりにくいけど、一気に自分を変えて、人生をよくする方法があります」という音声が流れたので、なになに、と思ってみてたら

その方法とは

「自分の縁もゆかりもない土地に引っ越すこと」

だそうです。

つまり、縁もゆかりもない土地=自分とはこういう人間だと知ってる人がいない=いつもと違うように振舞ってもそういう人間だと認識される=新しい自分になれる

とのこと。

確かに、自分って、結局他者との関わりによってイメージや振る舞いも固定されてきているから、それがガラッと変わったとき何者にもなれるというのはわかる気がする。

もしかしたら海外が好きなのはそういう自分になれる可能性があるから、というのもあるのかもしれない。。

私は家が固定ではないので、どこかに引っ越すのは比較的簡単ではありますが、そう考えるとリモートワークや、フリーターの人っていいですよね。

リゾートバイトもありかなという気はします。(しかし今年は観光業ってどうなんでしょうか。国内なら問題ないのかな。)東京、大阪など主要都市が今後ロックダウンされるようなら地方に移住するというのも、また一つの手だな、なんて思ったりしてます。

諸外国をみていると日本はどこまでの自粛が必要なのか

f:id:simpledancer:20200222121330j:plain

諸外国の外出禁止と比較しても、日本は自粛レベルがゆる過ぎて本当に大丈夫なのかな??なんて思うけれど

1ヶ月ほどの外出禁止令が出ている国ももしかしてやばいのでは?と思うように感じてしまいました。

ウィルスの収束など厳しくしないと接触が原因で感染のリスクはあるけれど、

ヨーロッパでは物流が崩壊していて、スーパーに日用品や食品が届かない、医療現場などにも届かないという件が起こっているそうです。

ウィルスも怖いですが、人のフラストレーションによって犯罪化などが起こらないか?そんな懸念があります。

また、国によっては日本よりも国家からの保証はあるといえど、店舗の営業ができない時点で収入が途絶える、経営者にも労働者にもかなりの金銭的不安が日本以上にのしかかってくるのではないでしょうか。

日本が他の国と比べて緩く感じる?

note.com

一般市民ができることは2つです。①手洗いやうがいにより自分を守ることと、②人に感染させないように「密室・密集・密接」というリスクの高い行動を取らず、しかしその範囲で経済を回す、バランスを取ることです。

欧米で爆発的感染拡大が生じていますが、日本はそこまで深刻になっていません。検査していないからという人もいますが、どんどん入院者が増え、死んでいたら、隠せるものではありません。どうも、日本人が真面目に手洗いやうがいをしているのが大きいようです。これからも、今まで通り、ますます手洗い・うがいを徹底しましょう。

もう一つは、人に感染させないための心構えです。特にあなたが若い人であれば、このことは重要です。コロナウイルスに感染しているのに、症状が出ないまま元気に活動する若者がたくさんいます。実はあなたもそうかもしれません。全員が、感染しているかもしれないと考えて、人に感染させないように気を付ける必要があるのです。
中国や欧米ではロックダウン(都市封鎖)といって、店は営業停止、市民は外出禁止のような非常に厳しい措置を実施しています。日本では、優秀な学者がデータを解析して、「密室・密集・密接」の三条件を避ければ、コロナウイルスの蔓延を防止できるということが分かってきました。

 

  • 濃厚接触の割合が少ない
  • 満員電車内ではあまり喋らない(海外では会話、電話は結構日常茶飯事)
  • 手洗いうがい、除菌が染み付いてる

検査を徹底してないから感染者が上がってこない、ということもあるけど、日本ではこの3つの点が感染者数を爆上げしてない理由もあるのではない?

除菌の概念は特にどの国よりもあるかも確かに。。日本だと濡れたウェットティッシュのおしぼりは普通に出てくるけど、海外のお店だと、普通の紙ナプキンだけってことがざらにあるし。

パーソナルスペースが通常ではかなり広いような気もしますし。

国内の経営破綻もやばいですが、まだ普通に生活が送れているので他の国の経済破綻の方が恐ろしい結果を招きそうです。

日本の自粛はまだいい方向に転んだのかもしれません。

今後完全な外出禁止は日本であるのか

f:id:simpledancer:20200219214410j:plain
自粛は厳しくなるかもしれないけど、日本の場合外出禁止、完全な営業停止は無い気がする。

利益追及の日本ではそれはありえない気もするし、家屋自体が狭い日本では違うメンタルな病が増幅しそうな気がしてならないです。

ただでさえ自粛ムードなのでこれで完全閉鎖してしまうと経済が立ち行かなくなり

そうなので最低限は経済活動を続けて欲しいな。大規模なイベントは致し方ないとしてもなんらかの形で人の集まりというのはあった方がいいよなと思う。

日本は潜在的な感染者はめっちゃくちゃいると思うので、もしかしたら春先とかに超感染拡大とかになっている可能性も無きにしも非ず。

やはり国のトップの決断力って本当大事だなと思う。他の諸外国は早かったし、やっぱり変にのらりくらりしちゃうと、「大丈夫かな」って思っちゃう。

東京、大阪などの主要都市が外出禁止になったら、、、

そう考えた時にどうするか?を今から考えておいたほうがいいなと思います。私は引きこもって勉強します。

 

ペストの歴史からコロナウィルス騒動を読み解く

f:id:simpledancer:20200322162118j:plain

先ほどツィッターみてたら、辻さんがシェアしてた投稿がとても興味深かったので、私もシェアしてみたのです。

元記事はこちら

www.designstoriesinc.com

読めばかなりおおお!となる内容なので、ぜひ読んでいただきたいです。

私は大学は歴史専攻だったのもあるのですが、もっと調べたくもなりました。

感染の広がり方が同じ

この新型コロナウイルス感染症は、これまでに世界で繰り返された恐怖の感染症「ペスト」と比較されることが多い。ペストとは、中世から数回パンデミックを起こした、非常に致死率の高い感染病であることはよく知られている。ヨーロッパでは特に、人口の30%から60%が死亡したという14世紀に流行したペストが、今の社会、文化、経済にまで大きく影響を与えた。

 

ペストは言わずと知れた有名な黒死病、ウィルスの存在というものが近代と違って解明されてなかったので魔女の仕業なんか言われて魔女狩りが起こったりもしたようです。 

特に注目されるのはここ

14世紀にパンデミックとなったペストは「黒死病」と呼ばれる敗血症ペストで、なんと、中国で発生した。その後ゆっくりシルクロードを経由し、ヨーロッパに広がったのだが、なんでも、ヨーロッパに運ばれた毛皮についていたノミが媒介者となったのだという。そして、驚くべきことに、その流行の中心となったのが北イタリアで、しかも、ほとんどの都市を壊滅させ、人々を葬ったのだ。(中国で始まり北イタリアを壊滅させたという流れは新型コロナウイルスの流行と全く一緒なのである。これは単なる偶然か、それとも・・・ 

 ルートが今のコロナと同じ、、、!

ノミじゃないけど、中国→北イタリアパンデミック。

第2,3期もまた別のペストの流行があったようですが。

パンデミックが起こった時に発生する人々の行動を歴史から学ぶ必要がある

人々は「神の怒り」だと恐れ、不安とパニックから必需品を略奪、差別、デマが出回り、挙句にユダヤ人の虐殺まで行われたという。人々が恐怖に陥ったとき、どのような行動に出るのか、ペストから学ぶことは多そうだ。

 

今回のコロナも最初は中国人の武漢の人が差別対象になり、そのあと、アジア人、

実際ヨーロッパに住む友人の数々の差別体験を耳にしました。

そして、 

”必需品を略奪”

今は、略奪、ではありませんが、買い占め、転売がすごかったですね。

スーパーやドラッグストアからマスクやトイレットペーパーが消えました。

すぐに必要な人に届かなくなる、転売ヤーが高額で転売する。

昔は情報がないだけに仕方のない部分はあったかもしれませんが、基本的に人間の行動というのは冷静に考えない限り変わらないようです。

デマ自体はもしかしたら昔よりもメディアの発達により伝わりやすくなってしまっているのかもしれません。

この辺から読み直したい。この作者さんの本は壮大過ぎて、脳がちょっと疲れるんですが。

歴史から学べることはまだまだたくさんあるのだなあと。

そして、この先もみんなが冷静な判断をして生活していけたら良いなと思います。

ワニの死から思う100日後の世界

f:id:simpledancer:20200321090630j:plain

100日後に死ぬワニ、

Twitterで話題でしたよね。私は存在は知っていたのですが、特にそんなに注意してみてなかったのですが

最終話を見て、色々言ってることを目にして、

100日あったら世界は変わるのだなあとつくづく思いました。

100日前にまさかコロナウィルスがこんなに広まって世界経済に影響を与えるなんてだれが想像していたでしょうか??

 

100日後は生きてるかわからない

 作者のきくちゆうきさんは20才の時に仲良かった友達が急に亡くなった経験があるそうです。

病気でもなく、事故や災害で突発的にある日会えなくなる。理不尽ですが誰にだってありうることだと思います。

私も実際震災には2回会いましたが、まさか学校が潰れるとも、先輩が死ぬとも、想像なんてできません。

私自身ももしかしたら明日死んでる可能性だってあるわけです。

病気や戦争だった場合、強く死を意識することもあるかもしれませんが、

当たり前の日常はめちゃくちゃ貴重でありがたいことだなあと思うし、

若くて健康でもある日人生が終わることもあるということをみんな自覚して毎日くいなく生きなくちゃなと思います。

100日あれば十分変われる

f:id:simpledancer:20200225112003j:plain
100日で世界がこんなに変わるのであれば、自分自身を変えるのなんて簡単なのかもしれないと思いました。

もしかしたら子供ができてたり、破産してたり、宝くじが当たったり、そういうこともあるかもしれません。しかし突発的なそういうことではなくて、自分の努力で変われるもの

例えば体系、技術など。

100日だと3ヶ月とちょっと。

100日前のパンデミックなんて予想だにしなかった時の自分と今の自分は何か進化したでしょうか?

1ヶ月単位で見直すのも良さそう。とにかくまずは書き出して決めるといいよね。

100日後に変身リストを作る

f:id:simpledancer:20200319095225j:plain

100日後に変わっていたい変身リストを作る

100日後になっていたい自分、そのためにできうることを片っ端からリストアップしていく。

100日って意外と長いようで短いので期間が現実的だと私は思っていて、

手帳なんかに書き込むのがいいのかな。それ専用にノートを用意するのもいいなと思いいました。

100日日記みたいな感じでしょうか。

私は基本的に一冊のノートに思ったことや、やったことを書いているのですが、結構どこに何を書いたのかな、、、って思っちゃってしまうので、それ専用に用意するのはなかなか良いかなと思います。

勉強計画もいいと思うし、筋トレ計画もいいかもしれない。

特に今は自粛!ってことで外に出られない人が多いと思うのでセルフやオンラインでできる何かに挑戦して、それをアウトプットしていくのも良いかもしれません。

100日後に進化した自分になれるように、ワニさんの代わりに新しい人生を生きてみようではないかと思いました。 

それでも日常はつづく。最低限の備えだけして日々は楽しく過ごす。

f:id:simpledancer:20200319095225j:plain

コロナの影響で世の中が重たーくなってきた。

個人のできることはたかが知れてるかもしれないけど

咳エチケット、手洗いうがい、免疫力の向上、あとは日々を楽しく過ごすということではないでしょうか。

たくさんの人が集うと感染しやすいようなので、自粛という方向に当分はなりそうですが、一人や少人数でも楽しめる方法はたくさんあると思います。

災害だろうがそれでも日常は続いていく

f:id:simpledancer:20200309115233j:plain

経済破綻、物資の不足、それも今後はもっと大きくなっていくかもしれない。

けれど、どうであっても人生は続いていくし、生きていく必要があるので

暗くなってる場合ではないなと思いました。

基本的なことだけして、(食料の迷惑にならない程度の備蓄とかLohacoで頼みました。)あとは日々を楽しむことだなあと思う。

イタリア人、そういうところがうまいなと思う。

ないならないで、その環境でできることを楽しむ。

あれがない、これがない、どうしよう。ではなくて、ないならこれやってみよう、みたいな発想で暮らしたい。

仕事しなくなったらやりたいこと

f:id:simpledancer:20200225112003j:plain
否応無しに休業になっちゃった人たくさんいると思うのですが

ビジネスの立て直しも必要だけれど、時間がなくて諦めていたことに取り組んでみるとか、調べてみること、本を読んだり歌ったり絵を描いたりプログラミングや語学の勉強をしたり。

意外とたくさんあるなーと思う。

目先の不安ばっかりにフォーカスしてても仕方ないので、対策をある程度立てて食料の備蓄もしたりしたら、あとは楽しく過ごすことを心がけた方が、免疫力は絶対上がると思うんですよねえ。

最近波動とか振動数の話を読んだりして、面白かったのでその辺も書いていきたい。

かなりスピリチュアル寄りだけど。

私は今よりもっと暇になったら、もっと本を読む時間とトレーニングの時間を作るかなあ。

もちろんジムや施設が閉鎖されることがあると思うので、自宅筋トレ。

本もkindle unlimitedでいくらでも読めるし、プログラミングの学習だってタダでできるものもたくさんある。何だろう、大変な世の中にはなるけど、もしかしたら神様からのちょっとゆっくりせーやみたいなストップなのかなとか思っちゃったりしますね。

そんなわけで、ぜひ備えて、ゆっくり楽しく日々を過ごすことを心がけてみてはいかがでしょうか。

孤独ってわるいもの?今こそひきこもりが賞賛される時

f:id:simpledancer:20190407081054j:plain

私の行ってた国も入国禁止になりました。

辛い!

今後世界はどうなっていくのでしょうか?

言えることは、とりあえず、可能な限り引きこもれ!そして今こそひきこもりに脚光が浴びる!

そもそもひきこもりの人はなんら生活が変わらない

f:id:simpledancer:20190407080829j:plain
そもそもひきこもりの人は外に出る方が非日常なので、このご時世でもライフスタイルの劇的変化はなさそうです、むしろ賞賛されるかもしれません。

私も仕事、練習以外はひきこもり気味だったのですが、一人でいることが好きですし、なんならずーっと一人でパソコンさえあれば何日でも生活できるから、こういう人はこの今の時期も変わらず生活しやすいし、フラストレーションもたまらないのだろうなと思います。

対して、人と会うのが大好き、寂しがりや、などなどのタイプの人は今回の騒動で、めっちゃフラストレーション溜まりそうです。ただ、この時期に生き方を変えて孤独に強くなるのもいいかもしれません。

孤独って悪いものじゃない

一人がさみしいもの、パートナーを探さなきゃ、家族をつくらなきゃ、子供ができない、、、なんてそんなのいらなくない?

SNS上のゆるい繋がりであったり、オフラインで会ってた人がこれからはオンラインの人になり、人と人が合わない生活になる(かもしれない)

私は人と一言も交わさない日が結構あるのだけれど

「ああ、今日は人と一言も話さなかったなあ」なんて思ったりして

でもそれはそれで結構いいなと思うんですが、耐えられない人は耐えられないのかもしれないなあと思う。そういう人はライブ配信とかしたらいいと思います。

あとはほんとブログとか書いて、自分の思いのたけをぶつけるとか。

でも話したい欲求のある人は文章だと満足できないかもしれませんね。。。

(そして最近文章の量が増えてきたのでタイピングが異常に早くなってきた気がします。)

寂しがりやさんにオススメなこと

f:id:simpledancer:20181025104202j:plain
個人的には信じられない、、!なのですが一定数、「映画は一人でみに行けない」「食事は一人でできない」という人が存在します。

会社で働いていた時結構そういう人が多かったので、逆に私の方が少数派でした。

女の子が一人でランチしてる、、、!みたいな。

寂しく見えるのかなあ?やっと一人に慣れる時間なんだから、ランチタイムくらい人と関わりたくないなあというのが私の本音なのですが。

同僚とランチに行くのは苦手でした。

さて、この外出は控えてね!な時期に寂しがりやさんにオススメなことは、、、

などでしょうか。

今後ライブ配信はますます需要が出てくると言われていましたが、今回のコロナショックで爆上がりなんじゃないかと思っています。

私は文章を書いたり、読んだりするのが好きだけれど、喋れないのが辛い、、って人はライブ配信とかでお金稼ぎながら生きて行くのも良いのかもしれません。

諸々書きますが、上記(ライブ配信、電話鑑定以外)は多少のIT知識がいります。

これらを勉強して、寂しがりやでも引きこもってウェイウェイしていただいて、ひきこもりの第二形体などを作っていってほしいななどと思います。ひきこもりの印象を払拭していただきたい。

これからは本当の働き方改革が必要だと思う

f:id:simpledancer:20200223221652j:plain

以前から働き方改革とかって言われてたけど、

まさかまさかのコロナショックで日本どころか世界経済もやばくなってきました。

リモートワークに移行するとか、そういうことだけじゃなくて、

企業自体が変わるのも必要だけれど、根本的な働き方改革を個々がしないとだめだなーと思っています。

倒産する企業が出てきたりもするし、複業の時代と言われていますが、

やりたくないことを仕事にしててもつまらないし、結局何もなくなった時やりたくないことをやっただけの経験(もちろんそれで自分が満足してるなら別だけど)が残るのだけはやっぱり勿体無いと思う。

やりたいことはいくつからでもだいたいできる

f:id:simpledancer:20200222121330j:plain
何かを始めるのに遅すぎることはないと、基本的には思っていて、その道のプロとかになるのは物によっては難しいかもしれないけれど、だからと言って始めないというのはやはり勿体無いなと思う。

私は30を過ぎてから始めたものもたくさんあるし、

この先40、50ととしを重ねていって、都度やりたいものが出てきたら取り組んでみようと思います。

「これをやって何になるのか?」という疑問が生まれてくるかもしれないけれど

本当にやりたいことなら別に他人の意見や結果なんてそこまで関係ないかもしれない。自習法の本、読んでみてください!超やる気出る、、!

自分の生きたいライフスタイルから逆算してみる

どうしてもやりたい仕事やことがないひとは、自分の理想のライフスタイルから逆算してみるのもいいと思う。

例えば私の場合は

  • 満員電車嫌
  • 朝から仕事辛い
  • たくさんの人と働くのが辛い
  • 座りっぱなしでの拘束辛い

などがあります。

故に、フルタイムの会社員だとほぼほぼ無理だということにはなりますが、

もしリモートワークがおっけーならば会社員でもいいかな、とか

思います。好きな仕事をしていても、自分の生きたい生活様式と程遠いと、やっぱり頑張れない時が出てきます。(今まさに私そんな感じなので折り合いつけるべく色々考えています)

お金を稼ぐ方法は意外とたくさんあるし、お金ってそこまで必要だろうか

f:id:simpledancer:20200223221744j:plain
生活していくのにお金は必要だけれど、今回のような騒動が会った場合、というか今後続く場合、預金封鎖、デフレ、株価暴落、倒産etc,,,

といろんなことが立て続けに起こるかもしれません。(預金封鎖は怖いなー、、と言ってもそこまで預金ないけど!)

物資自体がなくて、お金があっても買えないかもしれない。

そういう時やっぱりただ貯金してればいいでしょ、とか一定の企業でしか仕事ができない人間だと、生きていくのが大変な気がします。

暗号通貨、仮想通貨の本も実際やらなくてもいま学んでおくと良いかもしれない。この本は面白かったです。

自分で考えて行動できる人、(メディアに流されない)そんな人が生き残る気がするな。