アラフォーミニマリスト・人生をシンプルにしたたかに生き延びる☆

毎日やりたいことだけやって生きていく(時にはしたたかに)。ミニマリズムな生き方・考え方を綴ります。

賃料が民度に比例する?高級マンションと安物件とで感じたこと

f:id:simpledancer:20170815112338j:plain

私は今ソーシャルレジデンスに住んでいます。

個人的には今までシェアハウスにも住んでいたし、顔を合わせたら挨拶するのが普通でした。

賃料的にはすごく安くはないものの、立地的には格安の物件です。

そこで、私はソーシャルレジデンス=意識高い=コミュ力高め と思っていたのですが。。。

挨拶をしても、返す人があまりいない、または会釈だけする、という人が多いことにあれ、、?と思いました。

一方港区の高級マンションでは

時々港区の高級マンション(と言っても港区の中では普通くらいの賃料かも)

で友人の家を尋ねると、だいたいマンションで会う人は私から挨拶する前に挨拶してきてくれたり、会釈だけって人はおらず、必ず挨拶を返してくれるし、笑顔の人が多い。

全てがそうではないけど、都会においては裕福度が余裕につながるので挨拶もちゃんとできる、、、気がする。。。!

お互い気持ちよく挨拶できると、清々しいですよね。

お店でも安いお店ほど客からのクレームが多いと言いますしね。

懐の豊かさ=心の豊かさ?

これは一概には言えないけど、礼節を重んじる人は多いかもしれません。

ニューヨークも昔ジュリアーニ市長が街を綺麗にしたら犯罪が減ったというように。

割れたガラスの車はさらに被害に合いやすいように。

綺麗にしている、やりたいことをしている、心に余裕があると

人にも優しくできる。

でももしお金ない、やりたいことできてない、だと、やっぱりストレスがたまるので

人に優しくしてる余裕がわかない。

例えばできてなくても豊かさを感じられていればできるかな。

結局人は自分が持ってないものを分け与えることはできないです。(そもそも持ってないと渡し様がないですよね、、)

環境って大事だなー

 

アラフォーミニマリストはテレビも新聞も一生要らない。

f:id:simpledancer:20190407081054j:plain

私、普段テレビって見なくて、新聞も読んでないし必要ないと思ってる。ミニマリストゆえというよりも。

今はインターネットがあればなんでも見れてしまうし、自分の見たい情報にアクセスすることができる。

私はテレビはブラウン管からデジタルへの移行期間に捨ててから一度も手に入れていないし。ミニマリストはテレビ所持率かなり低いと思う。

新聞ってどうなんだろう

私は30代ですが、大人から新聞を読みなさいと言われた世代。

大手の新聞って書く文体自体はすごく綺麗だったりするのだけど、やはり読んでいてあまり気持ち良いものがない気がするのですよね。

実家では新聞を取っていたのですが、受験期を終えてからは読むことがなくなりました。

後、事故や災害の話は読んでいて大事なことかもしれないけど、必要以上に目に触れるとすごくネガティブになってしまう。

だから私は新聞は買いません、読みません。

テレビの世界が嫌い

昔はとってもテレビっ子だったのですが、それはパソコンが出てくる前の話で、今ほどネットがサクサク動かなかった頃はテレビが情報の主な源流でしたが、今はネットの方が必要な情報だけを手に入れることができる。

テレビももちろんいい番組は多いと思うけど、企業のコマーシャルも多い。

また、テレビの影響ってすごいなと思うのは年齢層に関わらずだけど、やっぱりテレビ見てる世代が人工的に多いのもあって、すごいテレビに出れば

「テレビでやってたあれ!」ってなりますね。

ブログやtwitterだとやっぱり触れている層が、限られるのでそういう意味でテレビの影響はまだまだすごいなあ、、、、と感じてしまいます。

テレビ、私は8年前くらいから捨てちゃってないんだけど、不便に思ったことはないなあ。テレビはもっとも受動的なので気がつけば刷り込まれてるような気がしてならない。テレビは一生いらない。

ネットはいいのか

ネットは情報を取捨選択をしやすい。けれど、誰でも発信できてしまう分信ぴょう性は薄かったりする。

だからどの媒体にせよ、取捨選択がちゃんとできるがが重要で、テレビの方がどちらかというと受け身になりやすいので情報を浴びやすくなってしまうと思う。

そういう意味では影響が一番でかいのはテレビかなと思う。

私はプログラミングやってるせいもあって、ネットがないとかなり困る。

やはり情報を自分で選べるっていうのは大事だよなあ、、

 ネットがあれば旧媒体は滅びるのか、、、? 

滅びることはまだないにしろパーセンテージはどんどん減っていく気がするし

テレビがネットに依存する形にどんどんなっていくんだろうな、と思う。

新聞に関しては配達員がAI化されるより以前に、紙媒体じゃなくて電子書籍に完全切り替えとかになったりするかも。ゴミになりますしね、新聞。

電子書籍の方が校正もやりやすそうだしなあ。

テレビは有料のコンテンツの質がさらに上がり(Huluとか)

民放はどんどん廃れていくような。

まさか30年まえはこんなにネットが普及するなんて誰もが想像しなかったように、今では想像できない未来がやって来るかもしれませんね。。。!

諸事情によりマッチングアプリwithを再開。アラフォーミニマリストはパートナーが見つかるのか?

f:id:simpledancer:20181211115937j:plain

最近アプリで恋活したら、アラフォーであまり恋愛意欲のない人でも恋人はできるものなのだろうか???

ということを検証すべく、マッチングアプリを再開しました。

ちなみに私の友人はマッチングアプリwithで婚約しました。

 

有料のものの方が安心

tinderなどは無料でできるので、ヤリモクが多いと言われます。他のサービスもそうかもしれないけど、お金を課金するサービスの方が、その割合がグッと減ると思います。

基本的に女性は無料のものが多いと思いますが、男性が数千円でも課金するサービスの方が使っている人は少しは真面目さを感じられますよね。

そういう意味でマッチングサービスを使うなら

  • 適度に大手
  • 利用者が多い、年齢層の割合
  • 課金、有料形態_

のものがいいなと思いました。というわけで、Daigoさんが好きなので私はwithです。

周りの友人の反応

私は職業柄、派手な女性が多いので、同業の友人はパートナーが事欠かなかったりしますが、逆に普通の職業の人と知り合いにくいとも言えます。

また、派手な人種が多いため、普通の男性とはあまり趣向が合わなかったりもするんですね。

出会いが限定されている上にプライドが異様に高い人が多い、、、気がします。

そして意外と同業者はマッチングアプリをやってる人が少ないですし、

地方に行くとやってる人ってほとんどいない上に、マッチングアプリの存在を知らない若い世代もいたりして驚きました。

地域格差はやはりあるかもしれません。。withはこんな心理テストなんかあったりして、自己分析にも使えます。

 

 

恋活開始

  • マッチングサービスはwith一択(複数だとメッセージの送受信が面倒)
  • 狭目にターゲットを絞る
  • 発展性のない会話があまり続くようだとnext
  • with特有の心理テストなどを最大限駆使
  • 写真などは盛りすぎず、ブスすぎず
  • ナシじゃない人にはとりあえずありがとうを返す。

今絞ってるのは、、、

  • 年齢層(上下5歳差くらい)
  • 運動に理解がある
  • IT系
  • 一人でも行動できる人
  • snowとか使ってない人

って感じです。見つかるかな〜〜

そもそもデート最近してなかったので女性ホルモン活性化のために動きます。

ただでさえ筋肉が多いので、女性ホルモンが欠如しすぎてやばいのでこれは動こう、、、ということから始まりました。

とりあえず飽きるまで片手間で続けます。

うまくいったらマッチングアプリを前面に押していきますね。このまま。

一人でも全然生きていけるけど、二人だともっと楽しい、そういう相手に出会えればいいなと思います。

おそらくなのですが、依存関係に陥ると本当にどちらかが執着や世間体という概念で一緒にいる、、という感じになる気がします。そういうのはすごく嫌です。

私は女性ホルモンが活性化しつつ、お互い高め合えるパートナーならまあ、ありかな。

 

 

ミニマリスト財布を購入!デザインが可愛い革製品エムピウ(m+)が届きました。

f:id:simpledancer:20190710092922j:image

右:長年使い続けたDieselの長財布

左:届いたエムピウシリーズミッレフォッリエ

そして比較するためのDHCリップクリーム。

先日やっとミニマリストなお財布のシリーズエムピウ(m+)さんの小さいお財布[エムピウ] m+ MILLEFOGLIE2 pig 財布が届きました!

このブランドはイタリアで修行された日本人の革製品のデザイナーの方の作ったブランドで、使いやすさ、デザイン性がミニマリスト財布の中の評価で群を抜いていたので通販で購入しました。

一般的なミニマリスト財布より、ややぶ厚めだけど

f:id:simpledancer:20190710093020j:image

ミニマリスト定番の小さい財布 abrAsus × Giacomo Valentiniと迷いましたが、比べると一回り大きく、ぶ厚さもあるのだけれど、その分カードと小銭収納が少し多い感じでした。

最近はカード払いが多くなって現金はほぼ使わなくなったため、aburasusと最後まで迷った挙句、この財布に決めました。(カード入れる場所が多い)

デザイン的には紹介されていたミニマリスト財布の中で一番気に入りました。色はたくさん展開があって、私はやはり好きな赤黒を選んでしまいました。皮なので使って行くうちに色の変化も楽しめそうです。

ビーガンを目指している身としてはエコな財布も探したのですが、ビーガン財布でデザインの良いものはミニマリスト財布では見つからなくって。

 まだ現金しか使えない店が多いので

f:id:simpledancer:20190710093044j:image

いっそ携帯ケースと一緒のお財布だったり小銭入れのみ、、なんて考えたりもしたのですが、まだここ数年は現金を使うことも結構あるだろう、、ということで使い勝手を重視してお財布を購入しました。

 

小さいバックを持つ時に、長財布だと入りきらないのでスマートじゃないなーと思ってたので、もっと早く小さいお財布を手に入れておけばよかったなーと思いました。

 

しょぼ婚のすすめに激しく同意!結婚に二の足を踏んでいる人は読んだ方がいいと思う

私、この著者のえらいてんちょうさんの発信する内容が結構好きで(今の時代に求められてる感性な気がする)この本がおすすめで出てきたので、通勤中にちょっとkindleで買って見ました。

めちゃくちゃ合理的だし、うまく言語化してくれてる〜〜!と思いました。

結婚に二の足を踏んでる人にはぜひ読んでほしい本だと思いました!

顔の好きな人生理的に受け入れられるかが最も重要

顔で選ぶ 、というのは顔の美醜の問題ではありません 。多くの人が 「整っている 、魅力的だ 」と感じる人 、いわゆる美男美女を選べということではなくて 、自分の好みの顔の人を選びましょう 、ということです

 これとても同意!人間の感覚というか、直感ってとっても大事だと思うのです。

そして、ステータス、お金、だけで選ぶとそれがなくなった時その人とはうまくいかなくなるだろうけど。

生理的に無理なタイプだけどお金だけで結婚するってかなり地獄だと思う!

まるっきり生活が別だとすればまだしも。一つ屋根の下で暮らすとなると辛すぎる。。!

お金をかけて結婚をするからハードルが上がり、さらに離婚がしにくい気もする

盛大な結婚式をして、上司、親戚をたくさん呼んだり、お金をかけまくると

結婚=お金がかかる二の足をふむ

世間体 →別れたくても離婚に踏み切れない

 

てループができる家庭が多いのではないだろうか、、なんて考える。

私は結婚をしたことがないのでわからないけど、盛大な結婚式したカップルが離婚したって聞くと、「ええ!あれはなんだったのですか、、、??」ってなるし。

もちろん、だからと言って無理して添い遂げるのはきついし。

ちなみにこんなマッチングサービスもありました!離婚経験者限定のパートナー探し【remarry】 色々あるね!

 

ここはお金をかけず、書類だけ提出して、みじかな人たちだけでひっそりとやる結婚式なんてしたら経費もかからないし結婚/離婚のハードルは下がると思うんだけどなあ。

頭を使わずにマーケティングに踊らされると結婚資金なんて言葉を鵜呑みにしてなかなか結婚ができないのかもしれないよね。

「結婚しました」ハガキもいらないと思うし。(あの、年賀状とかの結婚式の写真、いらないです、、、)facebookのアカウントをひっそりと既婚に変更すればいいんじゃないかしら。(それすらしなくてもいいと思うが)

結婚してもしなくてもいいけど結婚したい人がするっとできる社会になればいいな。

ミニマリストは理想の生き方、今後はさらに、移動するアドレスホッパーになりたい。

f:id:simpledancer:20190407080829j:plain

 書籍はほぼ電子書籍です。しかし、、、紙しかない本や技術書などは紙で買っているので若干本棚に本が増えてきました。(現時点で12冊くらい)引っ越し前より倍くらいに増えました。

ミニマリストって理想的な生活だなー!!って昔から思っていたのですが

目指していたらすでに周りからは私はミニマリスト呼ばわりされるようになっていました。

ミニマリストは何にも持たない人ではなく、必要なものしか持たない人それで充足してる人だと思います。

気に入ってないけど、なんか置いてるものを捨てる

私も間に合わせで買っちゃったものとか、結構あります。

出張の際に足りなくて買ったものとか。洗濯乾いてないからとりあえず買っちゃったタオルとか下着とか。

かといってボンボン捨ててたら勿体無いですよね?

そういうものは他に利用ができなければ、ある程度使ったら捨てるようにして、

まだまだ使えるとき、などは引っ越しの機会が近ければすぐ捨てますし、なんかいやだなーと思うほどだったら捨てる、そうじゃないものは旅行とか出張で持って行って洗い替えに使ってそのまま捨てて帰りの荷物を軽くしちゃたりします。

ミニマリストは買い物の際の財布の紐が硬くなる

食料品なんかは、そのとき食べたいものをさっと買えるようになったけれど

洋服、雑貨など、すぐ消費できないものは

代用できないか?本当に必要か?本当にほしいか?と考えて購入するようにしました。

昔は可愛い!と思ったりしたら値段が許す限りは買ってたけど。

今はもちろん直感でほしい!とどうしても思ったものは買うにしてもそれ以外は結構保留にすることが多くて、後から思い出してやっぱりほしいなと思ったら買うことにしてます。(多くは忘れてしまうんですけどね

移動するフットワークは軽くなる

荷物が少なくなると移動が楽になります。引っ越しも含め。

私はできるだけいろんな場所に移動したい人なのですが、やはり暮らしていると荷物が増えてきますし。そこでサクッと必要なもの、そうでないものの軸を自分で決めたいれば捨てるものを捨ててすぐに移動、引っ越しなどができます。

www.lifehacker.jp

昨日アドレスホッパーという生き方を見て、すっごいいいな!と思った。

定住せずにゲストハウスだったり友人宅だったりairbnbを移動する生き方何ですが

住所はどうするの?という疑問ですが

  • 実家に置く
  • 友人宅に置く
  • シェアオフィス
  • ポケットレジデンス

という選択肢があるようです。実家は最も簡単ですがいらぬ心配をかけてしまうかもしれないというネックがあります。後、物理的に拠点場所から離れている場合、役所手続きなどがめんどくさい。

友人宅は、短期ならまだしも、長期は気を使う。

シェアオフィスはシェアオフィスを使ってる人は良いかも。多少のコストはかかるものの。

ポケットレジデンスは月1万というコストだけでOKみたいだから、もしかしたら一番理想的かもしれない。、、、と思ったのだが、HPはシンプルで素敵!ですが、、、

pocketresidence.jp

間取りをよく見ると、、独房やんけ!!しかも入居者と共同って。。

ということで郵便物の転送、のみのサービスとして利用するのは可能ですが、

出張や旅行の合間の数日滞在とかって考えると、コンセントもないし、結構厳しいかも。

よほどの人でないと。。女性はやめておいたほうがいいかもしれないですね。

住所登録、郵便物などのことを考えるとしたら、もしかしたら24時間利用可能なシェアオフィス利用の方がいいのかな、、と思いました。(シャワーとかはないところは多いですけど、便利な場所にあることが多いですし)

次の目標はアドレスホッパーです

な、訳で今後さらに出張や旅行を増やしたいので、アドレスホッパーになるべく、、、

できるだけものを増やさずに生きる。

身軽にどこにでも行けるようにする

そういう意味で、法的に家族 且他人、というので結婚も概念に入れたら面白いかな、と思ったのですが。それについてはまた違う記事で述べようと思います。

そう考えていたらえらい店長さんのしょぼ婚のすすめという本を読んで、理解あるパートナーならあり、かも。と思うようになりました。

 

キーワードは縄文時代?所有の概念がなければ平和なのではと天の河伝説を観て思ったり

f:id:simpledancer:20190704072551j:plain

昨日は休日で天の河伝説を銀座博品館に見に行ってきました。人気ブロガーのさちまるさんプロデュースだし、ブログやyoutubeで顔を見た事がある方も客席にちらほら。全席満員御礼のようです。

さて、舞台は神様の話なんですけど縄文時代の話が出てくるんですが(ネタバレしないようにあまり詳しくは舞台の内容は書かないですね)縄文時代ってちょーーーーー長期の平和な時代だったそうですが(平和の概念は人それぞれかもしれないけど)

なんかパレオダイエットも縄文時代のような原始生活の食事を推してるし

岡本太郎も縄文文化にインスパイアされてるし、縄文時代ってこの不安定な現代において大事なキーワードなのではないかなとふと思いました。

所有の概念がないという事

当たり前ですが、縄文時代は今ほどものに溢れてるわけでもないし

一族の長、みたいな人もいたと思うんですが、故に所有の概念もほぼなかっただろうし

稲作文化も弥生時代体から縄文にはほぼなかったと思うんですね、だから

「稲は今期は実るだろうか」なんて長期的な事も考えなかっただろうし割と今に生きてた(というか生きざるを得なかった?)のだろうな

あと平均寿命も短かったと思いますが、生まれて死ぬサイクルが早かったんじゃなかろうかと思います。

そして

  • ものを持たない
  • 生死のサイクルが短い

ということは結構争いが起こりにくいのだなと思うのです。多く持たなければ、、と思わなければ頑張る必要はないし、比較する事がそもそも無くなりますし。

もしかしたら体が強い人が一番モテたのかもしれないけど。

つまりここ数年のミニマリストやシェアリングブームは良い兆候では

ここ数年のミニマリズムやシェアの概念ってのは

いわゆる長年続いてしまった所有の概念が薄れてきたって事だから平和にかなり近づいているのでは、、、?などと考えます。

モノはもう溢れかえってるし、なんだかんだ食べるものはたくさんあるし、所有しなくても車や家はシェアすればいいじゃんという人が増えている。

とても良い兆候なのではないでしょうか。縄文時代の生活に戻ることはまあ、ないでしょうし所有の概念が全くなくなることってないとは思いますが、この

「なくても大丈夫」という安心感をもつってのが不安と対局なので、めちゃくちゃ気分が軽くなるのではないでしょうか。

、と一周回ってミニマリストについてたどり着いてしまいました。

死ぬ時にモノは持って行けないし、誰かと比べる必要はないってことですね。

昨日の舞台を見て、スピリチュアルな話以上に自分を生きることとはーみたいなところが描かれていたのでぎゅっとくる作品でした。主演女優さん二人が可愛いし美人だったなあ。。

 

ゆるくヴィーガン生活をして、理想の生き方を実践したい

f:id:simpledancer:20181208013253j:plain

タイで買ったドライオクラのおやつがめっちゃ気に入りました。。!

さて、先日ヴィーガン生活したいなあ。とかお肉や魚は美味しいけど

ぶっちゃけ、食べなくて済むなら食べたくないなあーなどと。

思うに、動物質って傷みやすいし、胃が重く感じたりするし結構ね、大変。だからやっぱり私の理想は厳格じゃない程度のヴィーガン食生活だなと。

リアルな屠殺の映像を見ても変わる人は一握り

ドキュメンタリー色々見てで私は一時期ビーガンになりました。

それはそれで良い経験では合ったのだけれど、厳格にしすぎて周囲と合わなくなりましたし、疲れちゃいました。

そして振り切ったかのように肉食生活もしました。乳製品も。

私は結構量さえ食べなければ、エビ以外はアレルギーなどは出ないんで

割となんでも食べられるんです。

多くの人はいくら残酷な屠殺の映像を見たとしても、その時は考えたとしても

やはり人は楽な方に流れてしまう人がほとんどではないでしょうか?

だから一部のベジタリアン、ヴィーガンの人たちがいくら声高らかに言ったとしてもなかなか変わらないのが現状ですね。

自分がどう言った生活がしたいかを見直す

生活を見直すと、うん、私はやっぱり植物ベースがいいなと思う。私は。

ただ、人と摩擦を起こすのも嫌だし、人と外食をする時はそこまでこだわらないようにしたい。

だからヴィーガンをしてたとしても、その人が魅力的だったりしたら

え、、私もやってみようかしら?なんて思いますよね。

私はそういう人になりたいです。

そういえば、私の好きな歌手のビリーアイリッシュも食生活を改めたっぽいですね。

ナタリーポートマンは9歳からベジタリアンだとか。

www.elle.com

めっちゃ美人で頭良くて才能もあって努力家で、、な人がビーガンだと

なんかいいかも、、って思えてきてしまいますね。

イライラカリカリブサイクな人がビーガンめっちゃいいよ!って言っても

いやいや、、、、ってなるから、私は穏やかで美しい人を目指したいです。

ヴィーガン生活は太らない?

厳密にいうと、植物性由来のものだけでも、オイルや砂糖を取りまくったら太ります。

だからベジタリアンのインド人は太ってる人多いのかな、なんて思いますね。

それに量食べすぎなければ、結局質量保存の法則がどうしても聞いてくるので

太ることがないです。

後、腸内フローラの本を読んだのですが、腸内細菌によって太りやすい太りにくいってのはやっぱりあるみたいで。年とともに代謝が下がったりもするけど、腸内細菌が入れ替わると太りやすい人も痩せやすくなったりとかするらしいです。発酵食品(キムチや納豆)がいい仕事するらしいですが、結局腸内細菌仕事させるにしても、食べ過ぎや脂肪過多だと焼け石に水な気がします。食事はおなかいっぱい食べないことですね。

人の目が気になる食生活事情

 最近は自分が食べたい、食べたくないをチョイスできるようになって来ましたが

人付き合いの多い時や、会社勤めしていた時などは、結構流されていました。

後、昔は好きだった人がベジタリアンだと肉料理作ってくれないかもしれないからちょっと的な発言をして、悔しくてお肉をまた食べるようになったという経緯が過去にあります。

simplelifedancer.hatenablog.com

今だったら、絶対そんな人好きにならないけど。人に合わせてしまう性格だったのでしょうね。。強くなりました私。

人が食べているものをとやかくいうこともしなくなりましたし、やはり食生活はパートナーと好みが合わなくても尊重お互いにできないとなと思います。いいなと思えば取り入れればいいし。

真面目な話になるけど、やっぱ酷い状況で屠殺が行われていたり、飽食の社会で、無駄にものが捨てられていくのはとっても悲しいと思います。影響力はないかもしれないけどやっぱりちょっとずつ発信していこうと思います。

食生活の見直し!本当にその食事は必要か?

f:id:simpledancer:20181011111040j:plain

先日は友人のショーを見に銀座へ。

ちょっと小腹が空いたのでフードが何かないか見て見るとフレンチフライ とか ハンバーガーとかしかなかった(しかも無駄におしゃれで高い)

糖質をあまり取りたくない私としては、食べたくないなあーと思ったので頼まなかった

(そのあとお酒飲んでたら空腹を忘れた)

さて、最近食生活はローフード寄りで、

さらに結構極端な低カロリー食が続いていたせいかお腹の調子も悪く

またもや体のためにもう少し見直さなければと思いました。

ベジタリアン、ヴィーガンになりたい

 普段からあまりお肉を食べたい、とかは思わないのでヴィーガンに憧れます。

ただ、手軽に取れるタンパク質としては

やはりチキンだったり魚だったりするので、そっちを買ってしまうのですよね。

あと、ヴィーガンだと、外食にまだまだ日本は困りますね。。出汁の多くはチキンやカツオを使ってますし。

スーパーやフードコートを見ると食欲が失せる

私は極端なのか、私が変なのか、、、

フードコートなどで大量のジャンクフードを見てると気持ちが悪くなります。

時々空腹を満たすだけの栄養補給をしているとちょっとさみしいな、と思ったりもする。そういうのってちゃんと栄養として行き渡ってないような気もしちゃうよね。

考えすぎかな。

お肉だろうとなかろうと、美味しい、と感じながらできるだけ毎食そういう気持ちでいただきたい。

でなければあまり食べたくないなーと思ったりする。

大量製造のお店ではやっぱりなんだか美味しいと思えなかったりするのだよね。

自分にとっての理想の食生活を実現したい 

昨日は白菜とキノコをレンジで蒸しただけ、という超お手軽温サラダを作ったのですが

深夜にいただいたにも関わらず、胃がめっちゃ楽。

そうそう、体的にはこういう食事の方が合ってるんだよなーと思ったし、手間もかからない。経済的にもかなりお安い。

状況的に完全なベジタリアンには慣れないにしろ、どうやら私の胃は植物ベースの方が完全に楽みたいだ。後少食ね。

理想は1日1食のヴィーガン食をいただきながら美味しい白ワインを2杯くらい。

お肉や魚は週に1−2回くらいあってもなくても、、という感じかなあ。

お肉はできたら取らない方向で。乳製品も取らなくなると、取りたくなくなる不思議。

もちろん食品に多少入っているから、勝手に摂取はされているのだろうけど。。。

卵も最近気がついたらほとんど食べてませんでした。

久しぶりにヴィーガン生活週間をチャレンジしてみようかなーと思う今日この頃です。

忙しくてパートナーが居ない人に一石二鳥のデートをする方法を提案する

f:id:simpledancer:20181209105159j:plain

先日から、周りの友人が彼氏ができた、デートに行ったなどなどとキュンキュン具合が羨ましくなってきた。

しかし、私は時間があまりない。

本業以外にもコンペのための練習、個人開発してるwebサービス、そして自分一人のワイン晩酌タイム、読書、、、などなど(というか一人でやることばかり)

出会ってる時間もデートする時間もやることが多くて無い。

しかしキュンキュンはしたい。。。!

、、、というわけで↑私は考えました。久々にこれをみて

とりあえず、自分にとって一石二鳥の相手とデートできたらいいじゃん。

自分にとって必要な時間を共有できる相手とデートする

一石二鳥とは、どういうこと?

かというと、まあ、要するに趣味や仕事が被ってる人とデートすることなんですが、、。

そうすることでデートは共通のことをする時間になり、一人でやっても2人でやっても同じであれば、2人でやって、且つちょっとキュンキュンすればいいじゃ無いか、、、?

と思ったのです。

だから出会うために料理教室にいく、とか婚活パーティにいくのではなく

マッチングアプリなどで、とにかく狭目にまとを絞っていくという戦略です。

そうすることで、知識も広がったり、技術も深まったりしてお互いうまく行かなかったとしても無駄な時間にはならないのでは無いか?と考えました。

お互いにとってwinwinになる

単に好きな食べ物が似てる、とか価値感が似てる、、などの場合

それでも一緒のデートとかでは大変かもしれませんが

例えば共通の趣味がボディビルだったりしたらすぐさまトレーニングを一緒にできますし、プログラミングだったらペアプログラミングして過ごせますし

距離も縮まります。

ただし、狭いコミュニティの趣味や仕事の場合、うまく行かなかったときが結構めんどくさいかもしれませんので、これはいいのか悪いのかは分野によるかもしれません。

また、プライベートと仕事はきっちり分けたい、や、別にパートナーにそこは求めてないって人はこの戦略は疲れるだけかもしれませんので参考にならないかもです。

最初はとにかく外見以上にどういう人間かを重点に選ぶ

外見は絶対NG以外はプロフの内容からの人間性×自分と共通の仕事、趣味、向上したいことを行なっているというところを重点的に見る。

そして狭目にフィルターかけて、アタックです。

思うに、女性→男性だと大体がマッチング成立します。

思うに、プロフの写真を自分以外のペットとか食べ物にしてる人って、

え、マッチングアプリ、やる意味ありますか?って思う。

スペックが良いとしてもなんか怖いですよね。あと、男性のsnowの写真も個人的には完全アウトです。

普通の自撮り、でいいと思います。

あとは直感な気がするなー。実際私自身はマッチングでデートしたことはないのだけど、友人がwithで知り合って、婚約しましたし。

 

最初の出会いから付き合うか付き合わないかってスタートなので普通に知り合うよりもパートナーが欲しいなら早いですよね。

メッセージのやりとりがめんどくさいので、私は結局あまり続いてないんですけどね。面倒くさがりやは恋愛に向いてないのかなーなどと。