人生をシンプルにしたたかに生き延びる☆

毎日やりたいことだけやって生きていく(時にはしたたかに)。ミニマリズムな生き方・考え方を綴ります。

人生を後悔しない「自分だけの物差し」ストロング本能読みました。

f:id:simpledancer:20181123082341j:plain
青木さんの著書を読みました!!

どっちかって言うとある意味の3大欲求を捨てかけてる私にとっては、チョイスが微妙なのかなーと思いながらも気になったので読みました。

この時代では読みたい一冊ですね。特に男性におすすめです。女性はもしかしたらかいつまんで、、、って感じですが、本質的にはどんな人にもお勧めできる内容かなと思いました。

手段の目的化をしてしまいがち

当時 、僕は 「とにかく物を捨てればいい 」 「物を持たない 」のが目的になっていることに 、ものすごく違和感を覚えました 。ミニマリストは 、なりたくてなる存在ではなく 、あくまでも気づいたら自然にそうなっていたというものであるべき 。そもそも必要がなくて捨てていくから 、ミニマリストになるわけですよね 。それが憧れのアイコンみたいになっていて 、これはもう完全に本質からズレているなと思いました 。あくまでミニマリストは手段なので 、それを目的にした瞬間に 、信念みたいなものが薄っぺらくなります 。

ミニマリストがファッション化してしまうとこうなっちゃうのかも。

物を捨てることが目的化しちゃうとこうなりますね。

ミニマリストに限らず、例えば、勉強することが目的になっちゃったり学校や就活で合格することが目的になっちゃったり、それは手段であると言うことを忘れてはいけないなと思いますね。

本当に自分にとって大事なことだけでいい

3大欲求が大事なのよ!と言う訳でもなくて

自分がこれは、、自分にとって大事じゃないなあ、と感じるものがあれば周りがいくら何と言っても関係ないと思うのです。

青木さんの場合は格闘技だったりですが、ある人にとっては家族が何より大事だったり

自分の幸せの軸と言うのがしっかり自分でわかっていると取る行動というのは自ずとシンプルになっていくのかもしれません。

ちなみに私は最近、おしゃれからかけ離れて、食事も超シンプルで同じもの、服はジャージ(すぐ練習できて、動きやすい、すぐ乾く!)ですがとても幸せです。(モテが大事って人はやってはいけません)

腸は第二の脳どころか、脳よりも優先順位が高いんじゃないかと思う

f:id:simpledancer:20190310173511j:plain

フィリピンではサラダがほとんど食べられず、1週間のうち2回だけ食べられました↑


最近、体調が少し悪かったです。

今日も少しですが、体がだるく、顔が少しむくむような。

お酒をたくさん飲んだとか、食べ過ぎとか、寝てないとか、そういうわけではないのですが。

お腹の調子があまり良くなくて、吐いたり、下痢とかそういう類ではなくて

腸の調子がよくないような???

そんな気がしていました。

内臓の不調が外見に現れる

この本今読んでます↑

"細胞は老化したり 、外からの刺激によって 「酸化ダメ ージ 」を受けます 。これに対抗するのが 「抗酸化力 」です 。この抗酸化力は 、人によって違いがあります 。つまり 、 「見た目が若い 」ということは 、言い換えれば 「抗酸化力が高い人 」ということもできるわけです 。逆にいうと 、肌にハリがなくて調子が悪いというときは 、内臓が疲れているとか 、内臓疾患がある可能性もあるわけです 。肌の調子は一種のシグナルといえます 。つまり 「外見力をアップさせる 」ことは 、仕事や人間関係をよくするばかりでなく 、健康を保つことにもつながるわけです。"

 

原因は色々あると思うんですが、腸を結構ないがしろにしていたのではないかと思ってます。

外見が若い人は内臓も若いそうです!

確かに皮膚の疾患は内臓疾患に繋がるといいますし。

肌つやのよくない日はやはり内臓が調子がよくないのかもしれません。

 皮膚の疾患や調子が悪い時は内臓をいたわってあげよう

私はジャンクフードは食べませんし、ストレスもあまりないタイプなので

肌はそんなに荒れてはいないのですが

最近確かに肌の色味が悪かったり、クマができやすくなりました。(睡眠時間に関わらず)

単にあまり寝ていないというよりも

食事内容も以前より甘いものが増えたり、ナッツをばかぐいしたり、深夜の飲食が増えたりしたせいだと思います。

基本的には気をつけているつもりなんだけど、やっぱり深夜仕事をしているとどうしても夜中に食べてしまったりしますね。

原因 

最近は1時まで仕事なので夜中2時すぎ〜朝まで友人と仮眠がてら漫喫に泊まったり、居酒屋さんで始発までの2時間ほどを潰すようになりました。(以前まではホテルを取っていたけれど、コストの関係以上に立地の不便さや、結局お風呂に入れないで朝に入るということでコスパが悪いと気づく)

そうすると

  • 深夜にだらだら胃もたれするようなものを食べてしまう
  • 横になって寝られない
  • お風呂に朝方帰宅後入ることになるので、寝るのが朝になってしまう。

と完全に私のやりたくない生活パターンになってしまいました。

そうすると体調がみるみる悪化、、そりゃ仕方ないか。太りやすくもなったかもしれません。

改善策

24時間やってる温泉が近くにあることが発覚。

コストは3倍くらい、かかりますが

  • 寝る前に食べない(コンビニなどで買ったものを持ち込めないため)
  • 夜、体の汚れを落としてお風呂に入ってから寝られる
  • 仮眠室で横になって寝られる
  • サウナ!

と、いう感じで24時間体制のスーパー銭湯神です。

温泉宿だと、値段の割には嫌な思いをしたりしたのでスーパー銭湯なら(もちろん個室ではないけど)かなり快適です。何よりいつでもお風呂に入れるのがありがたい。

夜中に私が行く頃にはレストランの揚げ物メニューも終わってるので、頼むとしたら枝豆とか奴とかソバくらいしかないです。

内臓を休ませるためにも寝る前にはあまり食べないほうがいいですね。

普段の食生活を軌道修正

f:id:simpledancer:20181027120721j:plain


ついついパソコンを触りながら食事をしていると、しっかり噛まないという弊害。

なるべく食べる時はパソコンから目をはなす

あと、あさ〜昼はやはりカフェでコーヒーを飲みながら作業したほうが捗るし、無駄なものを食べたりしないなとおもいました。

咀嚼も顔の筋トレにもなりますし、なるべくながら食べはしないように心がけたいです。

 

執着が無くなると全部与えられる不思議のメカニズム

f:id:simpledancer:20181123082341j:plain

なんとなく頭ではわかってはいるものの

執着がなくなった時のほうが色々降ってきませんか?

エネルギーが軽くなったり目に見えてガツガツしなくなるからってのはわかるんですが。

もういいやって手放したら降ってきたこと

最近、恋愛いいかな、もう!と思ってさらにブログにも書いたら

男友達から紹介したい人がいる、と紹介されることになったり(別に男女の仲は求めてないので時間が合えばのみましょうくらいにしてる)

好きなパフォーマンスチームのことを忘れてたら一緒にイベントに出ることになったり、練習がうっかりできるようになったり

お金まあ、なんとかなるっしょと思ったらお金がなんの苦もなく貯まってたり(節約してない)おこずかい増えたりアドセンスもやたら増えてたり。

多分、執着することによって、

私は持ってないんです、無い無い!

というエネルギーを発しまくってるので叶いにくいのかもしれません。

豊かになるメカニズムを体得する

f:id:simpledancer:20180506082743j:plain
こうでなければならない!とか

ではなくて、本当の本当に自分はこれが幸せなの?やりたいの?

自問自答を繰り返すこと

単純に自分が心から心地いいなーと思うことを繰り返すこと

自分をご機嫌よくさせることがなんなのか知って実行すること

制限を外していろんな可能性を妄想すること。

私は紙に書くことはとってもいいなーと思っていて

それは自分で確認できるからと(本当に?って)

頭の中のものを妄想だけじゃなく、まずは現実世界に出してみることができるから。

理解とかって図解したり紙に書いたりすると腑に落ちることがあるように、自分の頭の中を自分の手で書いてあげるのはとっても有効だと思います。

 

年内ノマド化計画のための断捨離や資金繰りについてやるべきこと。

f:id:simpledancer:20190310173448j:plain

先日行ったフィリピンのTaal lake↑
今年の12月から来年の2月または3月まで完全に冬を逃れる計画です。遂に、、、!

よく考えてみたら

3カ月だったら物価の安い国なら30万あれば過ごせるじゃん!!

もちろん往復の飛行機代や何かあったときの事など考えるともうすこし必要かもしれませんが。また変わるかもしれませんが移住までにする予定のことをまとめて見ます。

当面の生活資金をキープ

アジアでしたらひと月10万あれば十分だとは思いますが、

個室、且つレッスンをしたり、コワーキングスペース借りたり移動や買い物などを考えて、日本の生活費を少し下回るくらいの金額を準備しておこうと思います。

私はここ数ヶ月は家賃のほか、遠方で帰れなくなった時はスパやホテルを利用していたので、そう行った金額がかさんでいましたが、だいたい月の生活費が22-25万くらいといたしましょう。(ミニマリストのくせに結構高くね?という意見は置いておいて)

なので20万を下回るくらいの15万くらいを一月と考えます。

3ヶ月移住するとして45万円、航空券、帰ってきた時の当面の資金と考えたら60万円くらいをそのまま貯蓄で出発前までキープしておこうと思います。

多分今のまま仕事のペースなら100万くらいは手元にあるはず。

ポケットwifiの解約 

何気に毎月かかっていたwifi代が6400円。これは海外では使えないので契約期間も満了になりそうだし、秋頃に解約しようと思います。

スマホは海外対応のsimフリーを調べていますが、まだちょっとわかりません。

グローバルwifiが安くで長期があれば、もしかしたらそちらに変えるかも。200カ国対応海外WiFiレンタルサービス が良さそうなので検討します。

いずれにせよ、バンコクなどの都市であればwifiは爆速なので問題ないと思われます。

simpledancer.hatenablog.com

困るのはフィリピンがまだホテル以外がよく切れるんですよねーモールとかwifi飛んでるけど弱い。。

移住中の仕事

f:id:simpledancer:20181211120114j:plain
フリーランスでバリバリ仕事取ってやるぜ!と思っていたのですが

それもいいけど、できたら暖かい環境で少し勉強などもしたいので、

仕事はゆるく取れたら、、、くらいのスタンスで。

逆に他のwebサービスの開発を進めたいと思います。

現職の実働で稼ぐ

フィリピンではダンスのワークショップで小金を稼げそうですので、それもやります。食費くらいにはなるかと。パフォーマンスはビザの関係で多分出来ないと思う、、。

マレーシアでももしかしたら友人の働いているスタジオでできるかもしれません。こちらは未定ですが、ワークショップは物価の関係上おこずかい程度と考えておいたほうがいいと思ってます。大道芸とかもアジアはあまり稼げなさそうですのでこの辺やるならヨーロッパやアメリカが良さそうです。

ブログで稼ぐ

→現時点のブログ収入が多くても3万程度なのでできれば(毎年言ってる気がする)10万くらいまであげておきたいところです。

それでも、まあ、なんか最近はガツガツ広告貼るよりもオピニオン記事書きまくったり自分の夢や体験を書きまくったほうが(自分が)気持ち良いので。

それでもいいかもしれないなんて甘いことを考えています。アフィリエイト収入は依存しない程度に程よく。現状よく使っているASPサービスはこの2つです。どちらも案件が多いのと、セルフバックが充実してるので、自己アフィリをするだけでもお小遣いになりますね。

webサービスのマネタイズ

→今開発中のやつがどう転ぶかわからないのですが

これは無料アプリにする予定なので課金制じゃなくマネタイズを考えます。

ま、ポートフォリオとして使うつもりではあります。

プログラミングの技術は引き続き勉強しつつ、LP制作や細々としたクラウドワークス の案件をちょっとだけでも受注していければいいかなと(時間はいっぱいあるので)

現地の情報をできるだけ集めておく

旅行で行くのと滞在をするのはちょっと違うので

医療関係、治安、ビザ諸々を調べておく必要はあるかなと思ってます。

移住中は家は実家の住所にしておく予定です。

ちなみに、入国審査の際にかく住所欄、空欄で出したりすると止められるので(特にアメリカ厳しいみたい)いくら自分の家を引き払っていたとしても、実家の住所とかお友達の家の住所とか書いておきましょうね。

家や身の周りの断捨離:アパートからソーシャルレジデンスへ

春からソーシャルレジデンス に引っ越すので家具は断捨離していきます。

私はオークハウス で見つけました。ソーシャルレジデンスはシェアハウスよりも、もうすこしプライベート重視な感じの作りになっています。

その他、日本で仕事道具はお世話になってるお店やスタジオにちょっと置かせてもらったり、実家においたり、量が少し増えそうなら都内のトランクルームなどを数ヶ月借りた方がもしかしたら便利かな、などと考えています。

とりあえず、家がないだけでもかなりお金が浮きますね。

毎月家賃と光熱費が8万ちょっとかかっていたのでこれは大きいです。

アジアでしたら、滞在費でも多いくらいです。

どうしても使う物以外はすべて捨てるか、人にあげます。一人暮らしをまた戻ってきてするにしても、家具はレンタルとかにしたいと思います。

語学力up

これはもう、私はブロークンイングリッシュでいつも乗り切ってるし、滞在するくらいなら日常会話程度の英語で全然事足りるんですが(もちろん日常会話にもなってないレベルだったりすることが多い)色々レッスンをしたりとかの場合もうちょっと会話がスムーズの方がいいかなーと思ってるのでオンライン英会話と(レアジョブ英会話 が今のとこ一番自分的には使い勝手が良いです)、英語が話せる場所にちょっと言って英語力をちょっとでもupさせていきたいなと思います。

海外の人が多く集まるmeetupなどに合間に参加したり、外国の友達と頻繁にチャットするなどしておこうと思います。

英語力はないよりあった方が色々スムーズですね。ほんと。

寒いのは辛い。ミニマリストはサクッと移住できるカジュアルさを手に入れやすい

f:id:simpledancer:20171028131243j:plain
仕事しないと、、、お金がないと、、、と思っていたけど年々LCCの普及やインターネットで稼げる時代になってきたのでめっちゃくちゃハードルが下がってきたと思います。ミニマリスト、というか持ち物や仕事、家いつでも手放せるカジュアルさがあれば移住のハードルは恐ろしく低くなると思います。

年齢制限がクリアするならばワーホリでとりあえず行っちゃってもいいし、他にも海外の都市部であれば日本人でちょっと英語喋れたらいくらでも生きてくくらいの仕事は見つかるかと思います。(物価の高い地域はバイトだと厳しいか?)

あとはお金や仕事が、、、と考えすぎて動けないよりは、まずは行ってみてどんな感じか確かめてみるのもいいですよね。短期で行って。

意外といけそう、って思うかもしれないし、無理かもって思うかもしれないし。あとは現地のコネクションができるかもしれませんよね。

悩んでるくらいなら一旦行ってしまうってのもありだと思います。

 

ミニマリストが恋愛を断捨離します。

f:id:simpledancer:20181211115937j:plain

誤解を恐れずにいうと、恋愛自体はしてもいいと思います。

そこまで出会いや付き合うことにガツガツせずに生きてきて

でも好きな人や彼氏はそれなりにいて、周りは結婚だの恋愛だのともてはやすので

ああ、やっぱり恋愛したいかも!と思ってマッチングアプリに登録したり、ちょっと出会いを求めてみたりしたここ10数年。

初めて

あ!恋愛、しなくても、いいや!

という心境になりました。

恋愛に落ちた場合は潔く落ちる

今は仕事に集中したい、とか、恋愛してる暇がないとか、そういう意味でも全くなくて。(むしろ、そんな暇はある。

ただ、単純に、周りが恋愛しなきゃ勿体無い、とか色々言ってるのが

本当にそうだろうか?とさらに強く思うようになったからと

自分が自分のことを前よりも好きになったからだと思う。

他人といる時間よりも自分一人でいる時間が楽しいし

それによって寂しいとかも感じなければ他人の目も気にならなくなったというのが大きいかもしれません。

ただ、もしそれでもズキューンとくる人と出会ったら恋愛してしまうこともあるかもしれませんが、積極的恋愛はしなくてもいいやん!という気分になりました。

もしかしてそれは周りからの強要からの焦りかもしれない??

f:id:simpledancer:20180228113207j:plain


資格や仕事となると、周りから強要されているのでは、などと冷静に見れるようになっても、いざ、恋愛や友人などの人間関係となるともしかしたら周りからの一般論での強要に乗っかっちゃってるだけかもしれないです。

恋愛したほうがいいよ

なんで結婚しないの?

可愛いんだから彼氏くらいできるでしょ?なんでいないの?

理想が高いんでしょ?

なんて何十年も言われてきましたが、

そもそもですね、顔がいいから、性格がいいからなんていうのは相対的な意味づけであってやっぱり本人次第だと思うんですね。

だからもしかしたら、例えば私が毎日五人くらいに告られてたりしたら、途切れずに彼氏がいたり、すでに結婚してたりするかもしれませんがそういうわけでもありません。

となると、ある程度積極的にならなくては恋愛ができない市場にいるのです。(そもそも人と会わないし)

そんな気分を発動し、行動し続けるだけの時間とモチベーションと体力があるのなら私は別のことに使いたいなあ。と思いました。そしてそれでいいのだと初めてここ最近腑に落ちたのです。

だから恋をしたいなあ、と思ってるのか、思わされているのか、それをはっきりさせれば恋愛市場を無視して自分の好きなことにもっと集中できるのではないかと思いました。

恋愛することで学びもあるから、全ての人が捨てなくてももちろんいいのです

結局恋愛することによって、人に対していろんな感情を体験することもできたり、時には落ち込んだりめちゃくちゃハッピーを感じたりできるので、恋愛できるタイミングではきっとやったほうがいいんじゃないかなと思うのです。

興味があるけど、、、断捨離しなくては時間が、、、というのなら両立する方法を模索したほうが良いでしょう。

だって、心の琴線に触れれる人に出会えるなんてそんなにたくさんはないと思うんですよね。

だから逆に、そうじゃないときは別にガツガツ行かなくても焦らなくても全く問題はないということなのです。

なんならアイドルとかにキャーキャー言ってるほうが充実してるような気がします。また、恋愛アプリも深刻になりすぎずに使うのも良いかもしれません。

かといって女まで断捨離はしていません。

f:id:simpledancer:20180613113032j:plain

恋愛を断捨離しても、私は女を断捨離はしないでおこうとは思います。

他の人から比べたら、全くやってないですけど

自分が肌がガサガサ、かみがボロボロなのは嫌なので

体はスタイル良く、肌もツヤツヤでいつまでも生きたいし

マツエクは常にしていたい。

女を断捨離しないというより、体を健康に保つために全力を注ぎたいです。

可愛い状態をキープすることは自分を丁寧に扱うことだと思うのです。(これは顔の造作の問題ではなく)

自分はずっと可愛くいたい。。!!

おひとり様万歳派の私とそれに同意できない人は考え方が根本的に違っていたよ。

f:id:simpledancer:20181025104202j:plain

お一人様ってどうなの?

または今は良くても老後はどうなの?みたいな話ではなく

最近はお一人様なんとか、

一人〇〇とかって流行ってますよね。本もたくさん出て居るし。

一人行動する人且つそういう本を読む人は

  • 一人は好きなんだけど、周りの目がきになるタイプと
  • そもそも一人で行動するのが寂しく感じてしまうタイプがいて、

前者にはそういうお一人様本は参考になるけど、後者は根本が一人=寂しい だからお一人様活動本って参考にならないのだとか。

理解しあえないから当たり前

ここでは、そもそも人の目も気にならないマイペースお一人様はちょっと外します。

私はどちらかというと、あまり人のめ気にしないタイプかもしれません。

映画も旅も昔から一人で行くのが好きだったし、

小さい頃は一人で本を読んだり絵を描くことが好きでした。団体行動はできるけど嫌い。適度に合わせられてしまう分人といると疲れてしまうというタイプです。

一人で行動するのにできないことはないけど、まあ、たまに人の目はきになるから。

このタイプを理解できない人は意外といて

え?なんで結婚しないの?とか寂しくないの?と行ってくる人は

一人=寂しい、→耐えられない、無理 となるんですね。

私は、彼氏がいるとすごく窮屈になってしまう。

一緒に人と行動するのも嫌だし、仲良しでも一緒にホテル泊まるのは嫌だもん。

もしかしたら長年家族や誰かと同居してる人は”誰かがいない生活”というのは非日常なので居心地が悪いのかなあ?なんて考えてしまいます。

そもそも一人で行動する方が自由(私はね)

一人で行動するメリットは一人で全部自由に決められること。

一緒に行動するとそうも行きませんし、もちろん一緒に行動することで自分ではしないようなことも体験できるから楽しい時もあるけれど、そういうのは極たまにで十分。

私は好きな時に本を読んだり絵を描いたりコードを書いたりして行きて行きたいなと思う。

誰かがいると多少の制限が出てきます。(もちろんそれでも自由に過ごせばいいだけの話かもしれませんが)

私は誰かと寂しいから一緒にいるという感覚を理解できません。

でもきっと私のように一人で行動することが楽しい、むしろ誰かといるのがしんどい、その考えが理解できない人もいるでしょう。

だけど、お願いだ、理解はしなくていいから、そういう考えもあるよね、で済ませてほしいよね。自分と感覚が違って人なんて当たり前なんだから、一般的に考えて可笑しいだとか、寂しいでしょ絶対とか決めつけるのはやめてくれ!!私も糾弾しないからさ。

 

 

仲良し親子もいいけれどお互いに依存しすぎないことが大事。

f:id:simpledancer:20190308123503p:plain

先日海外で私の友人とそのママと待ち合わせしました。

お互いその親子は仲良しでいい関係なのですが

個人的に「ん、、、?でも娘のイベント毎に海外まで,しかも一緒に泊まってるんだ」と

最初は仲良しでいいね、ママ一緒なら安心だよねって言ってましたが(友人はアラサーです)

私がママと二人きりになった時に話していたことから親子の仲良すぎるのも問題か!と思いました。

親が心配するのは当たり前だけど、、

「あの子は小さい頃から英語を話させるように色々海外にも親戚のいるところに行かせたんだけどダメで、いつも私といるときは頼りきり、誰かに頼っちゃうのよ、どうしたらあなたみたいにしっかりして、喋られるようになるのかしら?」

って言ってきたので、

あれ、、と思った。

「ママ、、もしかして、なんだかんだ言って、困った顔されたら、手助けしてませんか?しかも毎回。。?」

だって、心配で、、

「ダメだってー〜!ママ、そこは突き放さなきゃ、いつまでたっても親離れできないから!」

「でもあの子、一人じゃ何にもできないから心配で仕方なくて、ついついていっちゃうのよ。

原因1発見しました。心配してるのは仕方ないとして、自立できない原因を自ら作っちゃってますね。

娘側が親を過保護だという割には

「いやー、もう、心配性でいつもついてきちゃうんですよねー」

や、でも大人なんだから別に子供から離れてもいいんだよ、、と思ったんですが、、

はっと気がつきました。

そう、子供が親をないがしろにすると、やっぱりなんか罪悪感があるんじゃないだろうか。親は子供を育ててきたというのもあるし、やはりここは親の方からある程度まで育てば心配でも突き放す時期は必要ではないだろうか。。。?とそう感じてしまいました。

まあ、もちろんお互い納得してて仲良いなら別に構いませんが、私は子供のためを思うなら一人でも自立した人間にするには、心を鬼にして突き放す時も必要かなと。

解決策は何か?

f:id:simpledancer:20190308124155p:plain


やはり、お互い目の届かない距離に居ることなんではないだろうか?

シュレディンガーの猫の実験のように、箱を開けるまで猫は死んでるか死んでいないか確定しないっていうのがありますが

会ってない間は、存在そのものがあるかどうかもわからない、何をして居るのか本当にはわかり得ない。

見えてしまうからお互い心配してしまうわけで。

そういうわけで物理的な距離というのはとても大事だと思う。

私自身、実家を出て、もう13年ほど立つのだけれど、やはり多少の心配はあれどお互い

物理的に距離があるので常に気にはしないし、特に私は一人が好きなのでこの距離があることが助かるのです。

年に一二回くらいの干渉なら別に大丈夫かなと。

  • 親は心配でも子供を信頼して一人で行動させるようにすること
  • 子供も親から物理的に自分から離れるようにすること 

でしょうか。心配するということは信頼しないということだから、もっと自分の子供を信頼して、本当に何かあった時は帰っておいで、くらいでいいんじゃないかしら。子も然り。

 

フィリピン(マニラ)滞在で毎回困る3つのこと。

f:id:simpledancer:20190305222323j:image

 ショッピングモールでは各国の料理が食べられます!(たまに微妙なのもあり)

私はタイ料理やベトナム料理が好きなので、東南アジア料理だと比較的似た感じのものが美味しく安くいただけます。

昨日食べたバインミー(ベトナムのサンドイッチ)もパンがパリパリで美味しかった!

日本料理だけは、なんか美味しいものに出会ったことがないですね、フィリピンで。。

大好きな国ですが、フィリピンにくると困ったことがたくさん出ます、日本と違うので、まあそれは致し方ないなと思うのだけれど、

ここは、、、もう少し改善できないもんだろうか??

と毎回思ってしまうことを書きます。

フィリピン(マニラ)に興味がある人は少し対策のためにもよかったら参考にして見てください。

1.交通渋滞が毎日やばい、交通ルールもやばい。

とにかく、毎日交通渋滞がやばいです。

私は車には普段乗らないのだけれど、夕方のマニラの都心は帰省の時期の日本の道路を思い出します。

だいたい通勤時の朝方と夕方4時〜7時くらいがやばいです。

かなり余裕を持って出ないとこの時間帯に移動すると遅刻します。

空の便の到着が、もし夕方着になるなら、結構タクシーの値段も上がってしまうことが多いみたいです。私は混みすぎて、動けなかったので途中で電車に乗り換える(乗り換えさせられる)ということが今回ありました。(多分マニラにくるの4回目って言ったから慣れてると思われたのでしょうが)

電車は混んでいるけれど、女性や怪我人、子供、ご年配の人には優先レーンみたいな感じで一番前の車両に乗れます(比較的空いてます)女性はなるべく女性専用レーンに乗った方がいいかな。

2.食事が多い、野菜が取れない 、砂糖の量が半端ない。

f:id:simpledancer:20190305222408j:plain

フライドチキン2pとケサディア。(禁酒するといいながら、ビールは一日一本飲んじゃったりして)

どっちかひとつで全然良かった、、

とにかく、肉、炭水化物、砂糖が多いです。

ご飯、チキンを買うともれなく付いてくるのです。

本当に油断すると食べすぎてしまいます。私は毎回ご飯はいらないというか、付いて来ても半分以上も食べられません。(ガチガチに固めてるので小さいサイズと思っても丼いっぱいくらいは量入ってるんじゃないでしょうか。。笑)

サラダを置いている店も少ないし、コンビニにいっても日本のようにパックのサラダはあっても、え、、これのどこがサラダなのかな?ってくらい申し訳程度のしなびたレタスが数枚入ったものが売ってたり。

モールなどに入っているおしゃれな外国ブランドのカフェなんかだと比較的新鮮な野菜が食べられます、高いですが。また自炊が可能なら野菜自体はそこまで高くないので買って帰って調理する、、って感じでしょうか。外食だとえげつないくらいに野菜が摂取できません。

3.レジが進まない

日本のレジに慣れてると、なぜ、そんなに効率の悪いことを、、、!????

と思えることがしょっちゅうですが、ごうにいっては郷に従えです。

みんな気長に待ってます。ちなみに、ほとんどのスーパーで

カゴから客が品物をレーンに出し、清算して袋詰めしてくれるのですが、、、

日本だとカゴを出して店員さんがピッてやってくれますよね?で、袋詰めは自分がやることが多い。どっちがいいんでしょうね?多分スーパーは日本式の方が今のところいい気がします。

しかし夕方前くらいのスーパー、レジの列はいくらたっても動きません。

お買い物は朝〜お昼か夜遅い時間に済ませた方が良いです。水などはスーパーの方が安いですが、ちょっと買うならコンビニで買ったほうが早く済ませられます。(あと、体感的にスーパーよりもコンビニの方が飲み物が冷えている気がする)

とはいってもマニラはイージーで大好きな場所 

f:id:simpledancer:20190301013606j:plain

定番ジョリビー!


日本に比べるとどこの国も「は??」ってことが多いかもしれません。

だけど働いている人を見ると、

「え、仕事しながらそんなに歌ってもいいんだ」

「ええ、店頭でめっちゃご飯食べてるけどいいんだ」

みたいなことが日常です。

お客さんと店員が位置関係が同じというか。日本だとどうしてもお客さんの方が上って感じがあるから横柄なお客さんが多くなっちゃう気がする。

言語の問題もあるのかなあ?英語ってどちらかというと(特にフィリピンだと外国語になるので)簡単で単語だけ、とかのことが多いから。言葉遣いもあるかもしれないけど。

最近はGRABが普及しているので、タクシーのぼったくり系も少なくなって来ていると思います。私は毎回wifiを持っていかないので(ほとんどホテルかモールにいるので)

いざ、街中でGRABなどをアプリで呼ぶ場合などは短期の旅行であればちょっと高いけどwifiを借りて行く方が便利だと思います。(なんだかんだイモトのwifiはちょっと高いけど他の会社のに比べて速度が早い気がする)

東南アジアに居ると、ああ、それでもいいんだ、これでもいいんだって思えるようになります。

あとは年中暖かいのでなんか鬱になりそうになったら行くといいですよ。

フィリピンのリゾートスパでマッサージと絶景のTaalakeに行ってきた。

f:id:simpledancer:20190304184920j:image

フィリピンにくるのは4度目にして初めてリゾート的な場所Taal Lakeに訪れました。

案内してくれたのは地元のポールダンスの友人のGraceです(普段は弁護士しながらレッスンを受けたりしてる2児の母)

忙しい合間をぬって朝ホテル集合で有名なTaal Lakeと言うところに訪れました。 

ja.wikipedia.org

車でマニラのオルティガスから2時間くらいのドライブで到着しました。火山のてっぺんが湖から顔を出しています。

静かでマニラの喧噪に疲れたら是非ですね〜

ホテルで小洒落たランチを堪能

フィリピンではサラダは珍しい方かも

f:id:simpledancer:20190304184932j:image

ランチはサラダとTaalの湖で取れた魚の唐揚げをいただきました。

フィリピンのローカルフードのお店だと、サラダってほとんど美味しそうなものがないのだけれど(あまり生野菜は食べないらしい)

ここのホテルのは美味しかったです。野菜も新鮮でチキンのグリルとハムが入っていました。 

f:id:simpledancer:20190304185012j:image

 魚の名前は忘れました。。。

骨までバリバリ食べられます。ビネガーをつけて頂きました。

なかなか美味!!

simplelifedancer.hatenablog.com

ちなみに最近は英語も全然やってなかったけど、一人で行動するようになると

気がつくと話ができています。

2時間のドライブちゅうもずーっとブロークンな英語でガールズトークしてました。

前だったらそんなの怖くて絶対できなかったけど。

慣れってすごいですね!!2ヶ月ほどオンラインのレアジョブ英会話 もしていたのですが、

この習慣も侮れないと思います!たった30分のレッスンなんて意味ないかなーと思っていたのですが、英語に日常触れる機会がないひとは、強制的に時間を作り出せるレアジョブ英会話

無料体験も2回できるので、旅行に行く前の肩慣らしにまずは無料体験だけやってみると言うのも全然アリだと思います、、、! 

スパでマッサージを受ける

f:id:simpledancer:20190305003526j:image

若干中国っぽいスパでマッサージをそのあと受けに行きました。

私はあとでレッスンがあったのでオイルマッサージではなく、指圧のみ

技術は、、、あまりうまくなかったです(笑)私の担当した人は。

完全に雰囲気でした。

中国茶を飲んだり景色を楽しんだりして過ごしましたが

マッサージは60分で1580ペソ+チップでした。

技術はあまりでしたが、絶景を見ながら気持ち良い風に吹かれてのマッサージはなかなか心地よかったです。

日本だと部屋のマッサージがほとんどですが、屋外だと、リゾート感がありますね。

来るたびに色々な発見があるフィリピン

f:id:simpledancer:20190305003543j:image

 地元の友人オススメのBuko (ココナツの実)のパイ。

ここの会社のが一番美味しいそうです。確かにフィリングが甘くなかったです。さっぱり目で、ぎっしり入ってました。

お値段は友人が払ってくれたのでわかりません。

牛乳じゃないカラバオ と言う種類の牛に似た動物のミルクでできた飲み物とアイスクリームを頂きました。

f:id:simpledancer:20190304185035j:image

 アイスクリームは、なぜか普通の形状ではなく、雪見だいふく的な形の

ぎゅうひにアイスが入ってるようなそんなのが6こ入ったやつを買ってもらいました。

味はクリーミーで、でも牛乳とどう違うか、と言われると全然違いがわかりません。

地元の友人ができると、観光ではあまり食べないもの、見過ごしてるものもチャレンジできるので面白いです。

特に今回も一人で来たので、英語も使わざるを得ないし、自分でどんどんプランを作ったり、疲れたら一日中ダラダラすることもできるんで、一人で行動するのって楽だし楽しいなーと毎回感じます。ひとり旅最高。

本日の支出

今日は朝からドライブ!で色々買ってもらっちゃったりしたので食事などはほとんどかかってません。

  • マッサージ 1580ペソ+チップ100ペソ
  • レッスン 600ペソ
  • 水 30ペソ

以上でトータル 2310ペソ(4972円)

遠出して、レッスンして、だけど全然使ってないですね。。

今日は夜ご飯も残ってたチーズとオリーブ、ナッツで軽く済ませたので買い物もせずです。

旅行に来ると「せっかくだから」と食べてしまいがちではありますが

食べ過ぎは体調不良の原因にもなりますので、旅行中でも食べ過ぎない、飲みすぎないを徹底していこうと思います。

マニラにてサラダ専門店SALADSTOPでランチ購入。野菜不足解消の日

f:id:simpledancer:20190302134947j:image

やっと野菜が食べられました。

サラダボウル375ペソ(SMメガモール3FのSalada stopというお店のもの)

gori.me

日本にもありました。。!

通常のシュリンプの代わりにチキンにしてもらいました。ジャンクフードのお店が100ペソちょいで食べられるけれどサラダで3倍のお値段でした。

f:id:simpledancer:20190302134956j:image

 春雨的なもの、ロメインレタス、えんどう豆、ピーナツ、チキン、トマト、グレープフルーツ。ちょっとアジアンテイストなお味で美味しかったです。

こういう野菜オンリー店が少ないのです。スーパーやコンビニで日本のようにパックのサラダとかもほとんど売ってないんで。ホテル暮らしだと結構不便ですねえ。

賞を取れるか取れないか

f:id:simpledancer:20170822043956j:plain


今回のメインの目的は友人のパフォーマンスの応援。

私は出場しないので気楽に応援、、、と思っていたけど、応援に熱が入りすぎて、叫びまくって喉痛かったです。

いつも仲良くしてる二人がそれぞれのカテゴリーで優勝しました。

本当に嬉しい。でもちょっと悔しい、寂しいって感じたりしてるのも本音かもしれません。誇らしいけど、私もパフォーマンスで賞取りたかったな、とか。

もちろん賞を取ることが一番大事な訳ではないけれど、やっぱり納得な演技ができても取れないとちょっと悔しい、と思う。

私も大会に時々出てたりするので、人が表彰されるのを横目で見るのはやはり悔しいし自分がとても惨めに感じてしまったりする(しかもそう感じてるのは本人だけなの、外から見てるとわかるんですけどね)

だから賞取れなかった人の気持ちも痛いほど、いや、毎回入賞を外してる私は痛いほどわかる。取れなかった自分の練習量だったり、もっとやっておけばよかったとか色々ぐるぐる自分を責めたり、人の評価を気にしたりしてしまうんですよ。多々。

今回俯瞰で見ててうん、感じましたね。これ、ダンスだけじゃなくていろんなことでも言えますね、渦中にいると自分を責める、他人に嫉妬を抱く。

でも俯瞰で見るとなんてことないな無問題なんだよなあーー

Anywayみんなパフォーマンス素晴らしかったです。詳しくはパフォーマンスのブログにレポ書こうと思います。

本日の支出

f:id:simpledancer:20190301013606j:plain

夜ご飯が結局ジョリビーになりました。(みんなで今回は食べたけど同じメニュー)

  • タクシー 行き 200ペソ
  • サラダ 375ペソ
  • コーヒー 130ペソ
  • チケット 1000ペソ
  • ジョリビーチキンのセット 130ペソ
  • タクシー 帰り 100ペソ

トータル 1935ペソ(4,171円)

と、言ってもそんなに使ってなかったです。しかし、ビールが40ペソなのにスタバのコーヒーが130ペソですよ。

ちなみにスタバ、カフェラテもアメリカーノも値段が一緒だった!

値段線がイマイチわかりませんね。

スタバのwifiは弱いところが多いです。タクシーは2年前来た時よりもアプリの利用者が増えていてGRABでほとんど呼んでもらえます。(UBERじゃないんですね!)このほうが値段交渉もしなくて済むし、ぼったくりが減ります。よかった(と言ってもsimもwifiもないと自分で呼べないんだけど)

さてあと滞在も残りわずか。

不便は多いけど、あったかい気候だと本当に体が動きやすくていいです。