人生をシンプルにしたたかに生き延びる☆

毎日やりたいことだけやって生きていく(時にはしたたかに)。ミニマリズムな生き方・考え方を綴ります。

人生を後悔しない「自分だけの物差し」ストロング本能読みました。

f:id:simpledancer:20181123082341j:plain
青木さんの著書を読みました!!

どっちかって言うとある意味の3大欲求を捨てかけてる私にとっては、チョイスが微妙なのかなーと思いながらも気になったので読みました。

この時代では読みたい一冊ですね。特に男性におすすめです。女性はもしかしたらかいつまんで、、、って感じですが、本質的にはどんな人にもお勧めできる内容かなと思いました。

手段の目的化をしてしまいがち

当時 、僕は 「とにかく物を捨てればいい 」 「物を持たない 」のが目的になっていることに 、ものすごく違和感を覚えました 。ミニマリストは 、なりたくてなる存在ではなく 、あくまでも気づいたら自然にそうなっていたというものであるべき 。そもそも必要がなくて捨てていくから 、ミニマリストになるわけですよね 。それが憧れのアイコンみたいになっていて 、これはもう完全に本質からズレているなと思いました 。あくまでミニマリストは手段なので 、それを目的にした瞬間に 、信念みたいなものが薄っぺらくなります 。

ミニマリストがファッション化してしまうとこうなっちゃうのかも。

物を捨てることが目的化しちゃうとこうなりますね。

ミニマリストに限らず、例えば、勉強することが目的になっちゃったり学校や就活で合格することが目的になっちゃったり、それは手段であると言うことを忘れてはいけないなと思いますね。

本当に自分にとって大事なことだけでいい

3大欲求が大事なのよ!と言う訳でもなくて

自分がこれは、、自分にとって大事じゃないなあ、と感じるものがあれば周りがいくら何と言っても関係ないと思うのです。

青木さんの場合は格闘技だったりですが、ある人にとっては家族が何より大事だったり

自分の幸せの軸と言うのがしっかり自分でわかっていると取る行動というのは自ずとシンプルになっていくのかもしれません。

ちなみに私は最近、おしゃれからかけ離れて、食事も超シンプルで同じもの、服はジャージ(すぐ練習できて、動きやすい、すぐ乾く!)ですがとても幸せです。(モテが大事って人はやってはいけません)