人生をシンプルにしたたかに生き延びる☆

毎日やりたいことだけやって生きていく(時にはしたたかに)。ミニマリズムな生き方・考え方を綴ります。

スピリチュアルではない自動的に夢が叶っていく方法

f:id:simpledancer:20171225111529p:plain

夢を叶えようと思うと

「どうやってそれをやったらいいんだろう?」

ってそこで悩んでしまって、できない理由をついつい並べてしまうことはありませんか?

昨日読んだ本でスピリチュアル観点ではなく脳のRASを使って叶える方法を書いていたのでちょこっと抜き出します!

ブレインプログラミング

 

なんか書いてることがスピよりなのかな〜?(スピリチュアル好きだけど)

と思っていたら、結構泥臭いところもあり、確かにやっていることはかなりすごい地道でした。

あの「話を聞かない男、地図が読めない女」の著者さんでした。 

まずは絶対に夢ややりたいことが出てきたときは

HOWTOを考えないこと!

だそうです。

え、でもやり方を考えてやらなきゃうまくいかないでしょ?進まないでしょ?

って思いますよね

RASの働き

人間の脳にはRAS(網様体)というものがあってそれが作用すると脳が必要な情報を選り分けて検索してくれるようです。

詳しくは割愛しますが、検索時のGoogleさんみたいな。

決める(検索窓に何か具体的なものをタイプする)そうすると必要な情報やらなんやらを表示してくれる(検索結果)

またはGPSシステムのようなもの。Googlemapさんですね。まるで。

私の脳にもgoogle!

 

そしてそのGPSを使ってすることは

「どこへ行きたいか」であって「どうすればいけるか」ではありません。

たとえ道を間違えたとしても戻るルートを表示してくれるということです

ただし、目的地を変更しなければ。

 

逆に望まないものばかり考えてしまうとそこにルートが設定されてしまうという危険もあるということ。

だから「お金がない」とか「恋人ができない」とかずっと考えているとその状況ばかりを引き寄せてしまうこととも言えるのです。

 

とにかくやりたいことを書く(ただし手書きで)

f:id:simpledancer:20171021143155j:plain


私も手書きの方がいいきがするなあ〜と思っていたのですが

達成率の実験で手書きをした時とキーボードでタイプをした時と達成率が42%も手書きの方が上がるらしいです。

キーボードでタイプするときの手の動きは8種類しかなく、その神経しか動かないが手書きの場合の手の動作は1万種類もあるのだそうです。その分脳が働く神経もずっと多くなる故、ということです。

手書きをするとRASの働きが活性化するんですって。

 

本当にやりたいことが見つからない場合

とは言っても、そんなにやりたいことってないかもなあ〜

って場合。

  • これまで生きていて楽しかったことは何か
  • 機会さえあれば喜んでできると思えることは何か
  • お金がもらえなくても喜んでしたいと思うことは何か

などを思い返してみる。

そして自分の好きなことリストを書いてみることその中から自分のやりたいことが見つかるかもしれない。

多分書いている間に年齢、性別、お金、時間のことなど思い浮かんでも、そこは置いておいて、それでも好きなこととかやってみたいこととかをとりあえず文字化して頭の中から出してあげるというのが大事かなと思います。

 

仕事は

無一文になるよりマシだからやる「金稼ぎ」ではない。

 ついつい「お金のために」やってしまう。

そういう人生はやっぱり疲れてしまうし、幸せじゃないと思う。

まずは「こんな自分になりたい」と決心すること。

 

決心して、そして文字化してみましょう!