人生をシンプルに生き延びる☆

毎日やりたいことだけやって生きていく(時にはしたたかに)。ミニマリズムな生き方・考え方を綴ります。

自分にとっての幸せの基準を時々確認する

f:id:simpledancer:20181123082341j:plain

自分にとっての幸せを確認するのってとても大事だなと日々思います。

と、いうのも、先日価値評定スケールというのを使ってみたのですが(最高の体調という本に詳しく書いてます)

意外と、まあこれでいい、と納得無理やりさせて生活している部分ってあるなあーって思ったのです。

本当の本当はこうしてみたいのだけど、ついつい楽な方をやったり、惰性でやってる部分が多いんです。

他人の価値観についつい惑わされてしまう

周りの人のSNSや様子を観て

羨ましいなー、私もやりたいなーと純粋に思えばいいのですが、

なんかこっちの方がよく観られそう、、っていうような基準で選ぶと

あれ、なんか虚しいなあ。。。ってことがあると思います。

それが例えば、洋服とか小物、食事、くらいだったら良いのですけど。

仕事、パートナー、学校を選ぶ基準にしてしまうと

人生結構詰む気がします。

もちろん本当にやりたいことがなんなのかってわかる人って一握りだと思いますが

多分、その場合は色々試してみることも必要だと思います。

それで、向いてないと思ったり楽しくない、幸せじゃないと自分が感じたらやめてしまえばいいのでしょう。そのやめる時も世間体を気にしないのが結構大事です。

お金とかあるけどなんか幸せそうに見えない

マッチングアプリで知り合った人と先日飲みにいったのですが(この話は後日)

私がちょっとやってみたいと思っている仕事についている方で、

お金もそこそこ稼げていて、ていう人だったのですが

「今の仕事、楽しいですか?」という質問に

「うーん、、そうでもないかな、でも悪くないし続けてる」という返答が。

もちろん仕事はそこそこ、その他が充実、、なら問題ないと思うのです。

でもあまり幸せそうでもなく、なんだか煮え切らない表情をされていました。

やっぱり満面の笑みで「楽しいです!」って言える人でいたいなあと。相手をみて再確認しました。

曇りなく「楽しい、幸せ」って感じられることが幸せの基準なのかな。