人生をシンプルに生き延びる☆

毎日やりたいことだけやって生きていく。ミニマリズムな生き方・考え方を綴ります。

自分の働き方を強制的に見直すべき機会

f:id:simpledancer:20200303082419j:plain

あのウィルス効果で、やっとこさ、リモートワークがちょっとずつ前進してきた、ような気がする。しかし、対面の事業(例えば飲食業や接客業、ホテル業など)は大打撃ですし、中小企業や小売店、もちろん大企業もそうですが、軒並み不況です。

日本はまだ外出禁止令だったり、国自体封鎖したりしてないので比較的移動自体は自由ではあるとは思いますが、北イタリアではいきなり、町封鎖で、ドラッグストアとスーパー以外営業停止とか、まじですか、ってことになっている。

この際に働き方を強制的に見直す


本田健が語る「歴史的緊急事態!日本・世界はこれからどうなるのか?」KEN HONDA

リモートワークが絶対、と言うわけでもないし、自分の好きな仕事をもともとしていた人は別として、

やりたくないと思ってるけど、お金のために無理やりやっていた仕事、なんとなく惰性で続けていた仕事、そう言う仕事をしていた人の場合はこの仕事のなくなった期間は不安ではなくて強制的に生き方改革ができる期間であると(本田健さんがそのようなことを言ってました)

今はまだ外出はできますが、今後どうなるかわかりませんし、

ちょうどやりたくなかった仕事をしないで済むと言うことは、めっちゃストレスフリーな時期とも言えます。

この時期に徹底的に生き方について考えるのもとてもいいなと思います。

「とはいえ、お金がないと」とも思うのですが

自分が行きたい生き方というのは本当はどうなのかな?を忙しさで時間が取れなかった人は考え直す機会だと思う。

私も帰国して日本で仕事を復活したら、やはり忙しくてやろうと思ったことほとんどできてないし、でもお金も稼げてるからいいか、後回しで、、なんて思って日々が過ぎて言ってしまっています。

私の場合は好きな部分は多いのですが、それでもやっぱりこのままじゃちょっと違うな、行きたい方向と違うなと思っているので改革が必要です。

私の場合は自分から仕事を減らすという行動を取る必要がありそうです。

自分は本当は何が好きなのか、何がしたいのか、

どういった働き方がしたいのか?どういうことが現状可能か?など徹底的に時間のある今こそブレーンストーミングしたりしてみてはいかがでしょうか。

超勉強法の新刊を買いました

私は少し遠方の現場に仕事があるので、通勤中にずーっとkindleで本を読んでいます。

(近くに引っ越したら引っ越したで、今度は都内に行くときに不便すぎるので考えもので、なんかいい方法ないかなあ)
だいたい毎回1冊本を購入してるかも 。でも本って、1000円ちょっとで楽しめるしkindleだったら場所も取らないし、めっちゃお得な買い物だなあと思う。

何度でも読めるし。(もちろん買わなきゃよかった!みたいなのもあるけど!)

で、昨日はULTRA LEARNING 超・自習法 どんなスキルでも最速で習得できる9つのメソッドを読みました。

著者のひとはカナダに住みながらMITの履修をしてオンラインでコースを全て終了。 

その他、スピーチ、語学、ライティングなど諸々の分野で自習でゼロから大人が学習していった様子、やり方、などなどが集められています。

以前購入したこの本自分再起動の中に入っていた人が書いたのかなーと思うのですが

 自分のやりたかったこと、やってみたかったことにコミットしてゼロから成長していく姿はやっぱりかっこいいなと思いました。普段の生活の中でそういったチャレンジをしようとすると、「今更そんな勉強して何になるの?」という人も出てくるかもしれないけれど、そういった声に負けないで大人になっても幾つになってもやりたいことにチャレンジできる人が増えたらいいなあ。