人生をシンプルに生き延びる☆

毎日やりたいことだけやって生きていく(時にはしたたかに)。ミニマリズムな生き方・考え方を綴ります。

乳製品の摂取は嗜好品扱いにして時々に変更。

f:id:simpledancer:20190603190141j:image

 この日はフローズンヨーグルトをいただきました。

最近は乳製品の摂取を控えてます。

外で友人と会うときや、ごくたまに食べたくなったときを除いて

家ではチーズやヨーグルトを買うのをやめたり、乳製品由来のアイスクリームの摂取を控えることにしました。

乳製品を控える理由

私の場合はそこまで大量の乳製品を取っていたわけではないし、不耐症というわけではないのですが、乳製品の取りすぎはホルモンバランスに影響するという話を聞いたことがあり、実際チーズやヨーグルトは好きですが脂質も高いし、たんぱく質も他で取れるなら他で取ろうかなと思いました。

チーズにしても、選ぶときはナチュラルチーズにしています。

ナチュラルチーズとプロセスチーズと大きく分けられますが、前者は素材が基本的にミルクと食塩 プロセスチーズは工業製品でミルク以外の調味料や薬品が投入されています。なので体にはあまり良くないのが一目瞭然です。(原材料を見るとその内容物の多さに驚きます)

womenshealth-jp.com

こだわりすぎはあまり良くないとは思いますが、選べる状況の時はプロセスチーズよりナチュラルチーズ。にします。

乳製品の摂取をやめた時期に生理痛が軽くなったこともあり、実際ベジタリアンになると症状は軽くなるという事例が結構あったのでそれも大きいです。

高脂肪な動物質のものはあくまでたまにの贅沢品にする

 お肉なども最近は外食でたまに取るくらいにしています。

実際そこまで体が欲していないのもあり、家で食べるのは野菜やお豆腐といった感じです。炭水化物も食べないので胃もたれということは家で食べる分にはほとんどありませんし快適です。

とはいえ、食べたいなーと感じた時は外食で少し摂取する、くらいのスタンスでいくと体にもいいかなと思いながら。

年々、胃腸が動物性の油に対応できなくなってきたので(年と言いたくないが)油分を取るのは植物性の油からにしています。

そうするとどうやら肌の調子も良いみたい。(個人的にですが)

ヴィーガンが自分にあってるかわからないのと、そこまでのこだわりはないんですが

エコだし、環境のためにはヴィーガンに近い生活をして見たいというのが今の希望ですかね、、。

食事という概念からいつか解放される時は来るのだろうか、、、。

リヴィング・オン・ライト ― あなたもプラーナで生きられる などの本を読むとこういう風になっていけたら世界が変わりそうだなーなんて妄想しながら。