人生をシンプルに生き延びる☆

毎日やりたいことだけやって生きていく(時にはしたたかに)。ミニマリズムな生き方・考え方を綴ります。

大腸内視鏡検査をポジティブに捉える

f:id:simpledancer:20200709150533j:plain
入院前の最後の検査、大腸内視鏡検査をする。
一応、しなくてもいいと言えばいいけれど、私の癌の位置が微妙に腸部分にはみ出ているのと、腸内にポリープなどができていないか、諸々検査をしなくてはいけないらしい。
それに伴い前日から手術終了後までの絶食、下剤服用、モビプレップというなんだかすごい量の薬を飲まなくてはいけないのだ。(便が水になるまで飲み続けなければいけない苦行)

ただ、これをする、ということは腸内が完全にクリーンになるということなのである種のデトックスになるのではないか?とかなり前向きに捉えることにした(まあ、しんどいけど)

 

検査前日

f:id:simpledancer:20200602114059j:plain
この日は翌日昼からの検査のため、夕方19時以降の食事は禁止(水、お茶のみ可能)
下剤?消化を促す薬?を服用すること。
翌日は5時間ほどかけて大量の水分薬を摂取しなくてはいけないので朝6時~7時に起きることにする。
私は睡眠は短くても済むのだけれど、遅くまで起きてると「あー、お酒飲みたいなー」とかって考えてしまいそうなので早めに就寝することにする。
他にも別途通常に下剤を処方されていたのだけれど、ダブルはきつい、、と思い、内視鏡検査のための薬だけ服用して済ませる。

検査当日

f:id:simpledancer:20200714164454j:plain
大量の水分を朝から摂取することになる。モビプレップ。

絶食自体は丸一日にもならないので、ふだん16時間断食をしてる自分としては全く苦行ではない。ただ、大量の水分を取るのが結構しんどい。

モビプレップ2リットル+水1リットル。

ただし、モビプレップを1リットル飲んだ時点で、排便が透明の水分になればそれ以上服用しなくても良いとこのこと。

f:id:simpledancer:20200714164521j:plain

水投入完了状態、なかなかの存在感

友人や何人かのブログを読んだところ1リットル服用でいけたよ、とのことだったので、私ももしかしたら1リットルで足りるかも?と思い、4回目くらいから透明になったので、いけそうだ。
念の為、追いモビプレップをしようかと思ったのだけれど、病院に行く途中に催しても嫌だったので、これで大丈夫でしょ、という感じで検査に望んだ。ちなみにモビプレップの味は紫蘇ジュースを薬臭くしたような感じ。

ちなみに排便のためのお手洗いは6回くらいでモビプレップ溶液全部出たような感じ。

腸内が一応はこれでクリーンになっている!と思うとちょっと前向きになれた。腸内デトックス、、!

検査 

f:id:simpledancer:20200518161853j:plain
鎮静剤を使うか、否かの判断で使わないようにしようかな、、とも思ったのだけれど、(使用すると1時間くらい眠気などが出るので休憩が必要)大腸にながーい管が入るのはちょっと痛み出たら嫌だな〜ということで処方してもらうことにしました。
薬を打ってからの検査だったのでスクリーンで大腸内を映しながら、医師が確認していくのを見ていたのだけれど、ちょっと朦朧としてたのであまり覚えていが、私の大腸めちゃくちゃ綺麗な状態でした。(もちろんモビプレップでデトックスした後だったんだけど)こんだけ綺麗だったら何もでなさそうだな、、と思った。

結果、大腸は全くもって問題なく、ポリープも発見されずでした。

かかった時間は、私はポリープ切除もなかったのもあり、1時間と少し、その後、休憩が必要だったので専用のコーナーでうとうと。多分2時間弱くらいで終わったのだと思います(薬の影響で正確な時間が不明)

金額ですが、3割負担で5000円いかないくらいでした。(初診の場合やポリープ除去の場合はまたちょっと値段は上がるようです)

内視鏡検査は気が重いけれどメリットは大きい

f:id:simpledancer:20200518161949j:plain
本当に検査続きで嫌にはなるけど

  • 不明瞭が明瞭になる
  • 強制絶食になるのでデトックスされる
  • いやでもデジタルデトックスを短時間でもできる

という点でしょうか。
私は2ヶ月間ほど、痛みの原因がなんなのか、コロナの影響で病院断られたり、お医者さんにかかっていたのにも検査待ちだったり、たらい回しされたり、というのと対峙していたので、(まあ、原因が癌だったってのもショックだけど)原因が何かがわかれば生活対処の方法も変わってきますし、実際、癌だとわかったときはショックだったけど、「とにかくまず低体温を直そう!」と行動を移すこともできました。

simplelifedancer.hatenablog.com


それに今回の内視鏡検査においては、腸内デトックスが思いっきりできて(先日の浣腸もしかり)デトックスして体も軽くなったら、気分もすごくスッキリしました。そしてその後とった食事もとっても美味しく感じました。


できるならば検査もせずに健康がいいけど、検査中はデジタルデバイスを触れないので、短時間でもSNSやネットに触れずに瞑想の世界にふけれるというのもネット依存症の人には良いかもしれません。

ネットは悪影響だな、、って一時期離れようと思ったんですけど、時間を決めてたまにデジタルデトックスをする、無いと不安という感覚でいないように、なくても過ごせる対策もとる、くらいが今の私にはちょうど良いのかなと思いました。