人生をシンプルに生き延びる☆

毎日やりたいことだけやって生きていく(時にはしたたかに)。ミニマリズムな生き方・考え方を綴ります。

動画に影響されて環境問題これ以上悪化させないために気軽に一人からできることを見つけたい

f:id:simpledancer:20200309194627j:plain
以前からも環境問題には気になっていたのだけれど、ふんわり知ってる、畜産もよくない、環境破壊の大きな原因の一つ。だからまたできる限りベジタリアン、ヴィーガンの生活をしよう!と思った。


しかし、いざ人に説明しようとするとうまく言えないんだ。

最近見たこの動画はすごく説明がわかりやすかった。


あなたこそが、地球の最後の希望【谷口たかひさ最新講演】

1週間にカード1枚分のカードを体内に取り入れている!

f:id:simpledancer:20200411085041j:plain

まずこれはわかりやすかったです。

  • 海面に漂うゴミのプラスチック、魚がそれを食べる、その魚を私たちが食べる。
  • 人間の捨てるプラスチックの30%が海に流れ出し、海面のプラスチックが熱で溶けて海面に細かいマイクロプラスチックが漂っている。

1週間で平均クレカ1枚分くらいのプラスチックを体内に取り入れていて、それが原因で乳がんになる人が増えているという研究があるそうです。
自分もこの前まで癌で入院してたから、乳がんではなかったけど、乳がんで命を落とす人、乳がんに使う抗がん剤は脱毛症状が出やすいこと。そして乳がんは30代といった働き盛り、子育て世代の女性にもなりうる癌であること。
ゴミ袋の有料化やストローの紙化は増えてきたけど、このペースじゃ全然追いつかないと思った。
そして今日入ったカフェも普通にプラカップだったのよ〜、ごめん。。
なのでプラごみを減らす一環として、私のできること、気をつけることは、、

  • 水筒持ち歩く
  • カフェはグラスやマグカップで提供してくれるところをできるだけ選ぶ
  • エコバック持ち歩く
  • 安易に100均で買い物しない

気温上昇、南極の気温が20度まで上がる

f:id:simpledancer:20200507205902p:plain
南極の気温って年中マイナスのイメージでしたが、なんと20度の日があったそうです。

そのため氷の4分の1が溶けてしまったとか。
南極や北極の氷が溶けると、海面が上がります。→まちが水没します。
津波じゃなくても普通の波が福島の津波のような高さのものがくるのだそうです。
もちろん、南極、北極の気温上昇のために動物の生態系も変わってくる。
日本はまだ環境のことなどが新聞やテレビで報道するのが少ないし、ほんと、全然知らなかったんですけど!!ってことが山盛りでした。
カリフォルニアで起こってる火事やこの気候変動、対岸の火事だと思っていたら次は自分の番で、そして自分の番になった時はもう手遅れ。

環境問題についてできること

f:id:simpledancer:20200413142415p:plain
とは言え、「私一人が、水筒にしたところで、、ベジタリアンになったところで、、」と思うかもしれないけど、一人一人の意識が大事だし、消費者の意見が集まれば企業も変わらざるを得ない。

けれど政治はどうでしょう?政治も国民あってのものです。
でも投票率が低い、投票にいく比率はお金持ちで、年齢が高いほど比率が上がるそうです。つまりその人たちにとってはいいけれど、若くて貧困層には不利な政治家が選ばれる可能性が高くなる。
なので投票に行きましょう!とおっしゃってました。
私も「投票したい人いないし、今回は忙しいからいいや〜」って投票は毎回行くことはありませんでした、(時々行ってたけど)
だけど、投票を行く行為だけでも、投票率の人口比率が変わってくるのでいいそうです。そして、「どちらかと言えば、まだマシかな?」くらいの人でもいいから投票していくのも一つだそうです。
私も次からちゃんと毎回投票に行こう。(憲法99条を知って怖くなりました

  • 投票にいく
  • 肉、乳製品を減らす、やめる
  • できれば食事以外もヴィーガニズムを実践する(革製品、コスメなど)
  • 環境負荷を与えない洗剤を使う→私はドイツ製のfloshを最近実家で購入してみました。

一人暮らししてる時は、この洗濯マグちゃんを超愛用してました!マグネシウムの力で汚れが落ちます。↑

日本人特有の"みんながやってるから"を利用する

f:id:simpledancer:20200613130037j:plain
日本人のよくないところとしてあげられることのある、
「みんながやってるからやる」
というやつ、本来はあまりいいとは思われませんが、これを利用して

「みんなが環境問題取り組んで肉やめてるし辞めてみようかな」とか

「みんな投票行ってるから、とりあえず行っとく」
という、とりあえずみんなやってるから理論を逆手にとっていい方向に向かおうとおっしゃってました。
有名人が取り組むのももちろん影響はありますが、一人一人がじわじわ行動していくことである日一気に変わるのは日本が一番可能性があるそうです。

その日を信じて私も自分のできる環境負荷を与えない生き方を模索していきたいです。