人生をシンプルに生き延びる☆

毎日やりたいことだけやって生きていく(時にはしたたかに)。ミニマリズムな生き方・考え方を綴ります。

足るを知るミニマリストのビジネスホテル生活

f:id:simpledancer:20201222173650j:plain
延泊して大阪に泊まりました。↑(写真はフリー素材です)
連投してますが、GOTOトラベルが停止中でも積極的にビジネスホテルに宿泊しています。


理由は

  • 大浴場に入れる
  • 実家が居心地が悪い
  • ビジホ密集地帯は便利で安い
  • 部屋があったかい

とその他もろもろですが、やはり最低限の設備のあるビジネスホテルはPC作業するのも結構便利だし、自炊はできないけれど、大概のホテルにはレンジやお部屋にポットもあるのでお味噌汁やスープも入れることもできるし、コンビニやスーパーもあります。(田舎になると、お店は激減しますが)

今回はくれたけINNに2泊と別の心斎橋ヒラリーズに宿泊しました

ミニマリストの節約?ビジホ生活内訳

基本的に、部屋から出るのは練習に行くか、スーパーで買い物をするくらいしかありません。
食事はだいたいがスーパーのお惣菜を買ったり、ベーカリーのサンドイッチです。
お酒も飲みますが、ホテルの備え付けの自販機は使わず、スーパーで炭酸水とウィスキーの小さいボトルを購入。
1日の内訳としては

ホテル代・・・2000円〜3500円
1日の食費・・・1000~1500円

で練習に行かない日は5000円もかからないくらいです。最安で抑えると食・住が1日3000円!
親世代からすると「そんな家があるのに、ホテルなんてもったいない!」なのですが、
毎日大阪に通うコストを考えると、決して高くはない金額です。チェーンのホテルだとポイントも貯めることができるので、気に入ったホテルがあれば、クレジットカードのポイントとはまた別にホテルのポイントも貯めることができます。
しかも親がビビるほど私は食事にお金がかからないので、(家にいるよりもさらに少食)これは、、実家にいて、電車代使ったりカフェに行くのとそれほど金額的に変わらない、、。(スタバだとコーヒーと小さいサンドイッチだけで1000円近くしますし)

日本は選べば食費が美味しくて安く済む

f:id:simpledancer:20201210134602j:plain

この写真はRbakerってパン屋さんのツナサンド。単体だと350円だけどサラダとドリンクのセットで580円でお得。

私はペスコベジタリアン(魚は食べるベジタリアン)なので、少し制限はされますが、日本の外食産業のコスパの良さはすごいと思います。
海外だとチップもかかるし、クオリティも微妙だけど、なんだかんだ、日本はチェーン店も安くて美味しい。
昨日は久しぶりにはなまるうどんに行ってみましたが、290円の釜揚げうどんが普通にめちゃくちゃ美味しい。天ぷらをプラスしても500円行かない。なんだこれ!
品質、味、サービス諸々で考えると日本って本当に食事がトップオブトップで抜きん出て素晴らしいと思います。
私は海外で旅行した時に、アジアとか安いなあ〜と前は思っていたのですが、サービスや質を考慮すると、やっぱり日本の方が美味しくて安いと思います。
関西はないけど、関東で蕎麦が安くて美味しくて食べられるのも本当に神だと思う。

ちなみに何度も書いてますが、外で連泊するときは

  • フルーツナイフ持参でスーパーの果物をカットして食べる
  • 3連の納豆・豆腐を購入
  • 冷凍ご飯1~3食持参

という一見すごくケチくさいことをしていますが、ゴミも少なくなるし、荷物に余裕がある時は自炊ができないホテルでは持ち込みしまくってます。体もヘルシーで入られますしね!

とはいえビジホ生活は贅沢?

f:id:simpledancer:20201222231017j:plain
一応実家があるので、本当に安く済ませようと思えば実家でずっと暮らせばいいのですが、メンタルストレス、便利さ、wifiなどなど考慮を入れると、ちょとお金がかかってもビジホのが断然お得だと思いました。

  • 電気を使ってもブレーカー落ちない
  • 気を使わない
  • 電源が多い
  • wifi使い放題
  • タオルの洗濯あり
  • 清掃あり

です。身の回りにお気に入りのものに囲まれていなければ嫌だとか、毎日違う服着たい!家大好き!って人には同意してもらえないと思うのですが、私は荷物が少なければ少ないほどいいなと思うのでビジホ生活が結構気に入っています。


現状のコストで行けば1か月だいたい10万くらいあればビジホ生活が成り立つのでは、、、と考えています。
基本的に、毎日同じ服でも食事でも自炊じゃなくてもオッケーな私にとってはなんら不便はありません。来年からは賃貸よりも転々とできるビジホ旅をしながら生活をしていこうとしています。