人生をシンプルに生き延びる☆

毎日やりたいことだけやって生きていく(時にはしたたかに)。ミニマリズムな生き方・考え方を綴ります。

このご時世に海外長期滞在を検討するミニマリスト

f:id:simpledancer:20201005225002j:plain

常駐の仕事の退職も決定し、夏は在宅ワークと踊りの仕事だけする予定です。
今年は海外厳しいかなあ〜(特に良く行っていた東南アジア)
と思っていましたので、冬場は沖縄かなあ、、。海外行けないかなあ、、まだ、、と考えていました。
一応旅行として行ける国はいくつかあるものの、いわゆるリゾート地は興味がなく、また車がないと移動しずらい国も私は免許がないので却下。
日本以上に寒い地域もだめ。
その中でも今行ける国で長期滞在可能な国がいくつかありました。

中東ドバイ

f:id:simpledancer:20210508183259j:plain
ドバイはお金持ちの国で、物価も高くて、住むにはちょっと、、というイメージでしたが、調べてみると賃貸も借りやすく、賃貸価格も東京で借りるのと同等くらいなところも多く、「もしかして、ドバイ、有り寄りのアリでは、、?」と思うに至りました。

東京以上にえげつない金額のもありますが、総じて同じ家賃であれば、家具付き、ジム付きとかも結構あったりするのもいいし、東京でしたらマンション10万の家賃でも1K家具なし、、だったりするのが、10万も出せば家具付き、セキュリティ付き、ジム、プール付きもあり、と、結構いいではないか?と思いました。
ただ、夏がめちゃくちゃ暑いので12月以降限定です。観光ビザだと1ヶ月程度しか日本人はダメっぽいので長期だとフリーランスビザかリモートワークビザなどの申請になりそう(ただドバイのリモートワークは日本円にして月収52万以上というハードル有り)

ジョージア

ジョージアは1年半前に1ヶ月半滞在したので生活費や環境、知人も多くいるので安心ではありますが、如何せん日本と同じくらいの四季なので冬はちょっと寒いです。
リモートワークビザが普及しているので、もう少しリモートワークビザ取れるくらい在宅ワークをやればビザは取れるのですが、寒さが完全にネックになってます。観光ビザでも179日(以前は360日観光ビザでオッケーだった。リモートワークビザは1年)
生活費等々は日本よりも安く、自然も多いし、交通機関も発達しているので機構問題がなければまた行きたい国。
食事も実はヴィーガンが普及している国のようなので(行った時は知らなかった)食事も困らないし、ワインが安くて美味しいです。夏から秋にかけてなら検討の余地ありです。

ポーランド

ポーランドもいけるらしい。
行ったことないし、東欧は気になる。。
ただポーランドも寒いし、冬以降は辛いです。国境が全体的に緩まれば、物価が高くない国を拠点にしながらいろんな土地を回るのも楽しそうだとは思うのですが、ここ数年はまだ難しいかな、、どうかな、、というところです。

あったかい場所と考えると、ハワイ、モルジブ、あたりも今は入国できるそうですが、個人的にあまりリゾートには惹かれないのでおそらく今年はこのあたりは行かないと思われます。

なぜ日本を離れたいのか

日本は好きですし、仕事もあるし、だけどこの1年半(もちろん病気してたのもあるけど)日本から出ていないし、病気になる前まで海外に飛び回っていたのもあり、飛行機に乗れないのが辛いです。
現状資金が豊富にあるわけではありませんが、やはり日本にずっと住んでいると窮屈に感じます。気楽に過ごしているけれどこのまま日本で暮らし続けるのもしんどいなあ〜と感じている自分もいます。あと半年ほどリモートで仕事が問題なくもっと請け負えるようになってから海外に移住するか、、。転々と滞在するか、、。

ちなみに飛行機は減便にはなってるものの、金額を見てみるとコロナ前とさほど変わらずという状態でした。国によりけりだとは思いますが。 

日本帰国時が現状ネックだった

f:id:simpledancer:20210508182732j:plain
無事海外に渡航できても、2021年5月現在、日本への入国がめっちゃめんどくさいことに。
帰国前PCR検査、14日間の自主隔離、公共交通機関利用自粛など、普通のお仕事することや友人に気軽に会うということができないのです。
まじか、、。ということで、もう少し日本の措置が緩和されてからの検討になりそうですが、年内にはどこかに行きたい、、、。正直私自身、国外にいる方が一人で引きこもっていられるのでいいのですが。都会の通勤電車の方がやばいですね。