人生をシンプルに生き延びる☆

毎日やりたいことだけやって生きていく(時にはしたたかに)。ミニマリズムな生き方・考え方を綴ります。

長く睡眠を取ることのデメリットがたくさんあった

f:id:simpledancer:20191004173204j:plain

最近ショートスリープにはまってます。

私の短眠の目標は2hほど。

今は平均で3h半くらいでしょうか。

しかし、今日は体も動かさず、予定も特にない1日だったためなんとなーくトータルで7時間は寝てしまいました(二度寝)

一旦朝起きたものの、なんとなく寝落ち。眠かったというよりも、予定がお昼からだったのでなんとなーくベッドでだらだらスマホいじってたら寝落ちてました。

で、久しぶりにロングスリープしてみて結構デメリットがあったので書いてみます。

よくなかったこと

  1. 肌が乾燥する
  2. のどが渇く、のどが痛い
  3. 腰が痛くなる
  4. すっきり感がない(惰眠のため)

です。

1.肌が乾燥する

私は乾燥肌のためお風呂上がりにはオイルも塗って保湿します。寝る前にも少し塗ります。

しかし、長く寝ると、寝具の摩擦や、長時間の放置のため肌の表面が乾燥してしまう感じがしました。特に昨日は寝る前はつけずにいたので12時間以上は放置していたせいかもしれません。

2.喉が渇く

乾燥している季節もあり、寝ている間に口呼吸しているせいもありますが

のどが乾燥してのどが痛かったです。水も寝ている間は飲まないのでのどのかなりの渇きを覚えました。

3腰が痛くなる。

腰はもともと腰痛持ちなのですが、明らかに固まった感があります。3時間睡眠と7時間睡眠でここまで違うのか、、という感じです。前まで6−8時間寝ることも多かったので気がつかなかったのですが、ここはとくに私としては辛いところです。普通だったら机と椅子で3時間座ってるだけでも結構同じ体勢って辛いですもんね。寝てる姿勢も同じかもしれません。

4.すっきり感がしない

上記3つに起因するのかもしれませんが、長時間、というよりも二度寝なのですっきり感がないです。最初に起きてそのまま活動する方がスッキリはすると思います。

起きてそのあとの行動も遅いですし。ああ、、寝ちゃったな感がする。

ショートスリーパーの方がメリットがやはり多い

上記の理由からショートスリーパーの方がメリットが多い気がします。

体の面からは特に3つの上記の理由です。

例えば、本当に頭が痛い、とか体調が悪い、とかだったら横になって休むのもいいと思いますが、そうじゃない場合、なんか惰眠が多い気がする。。

あと短眠でスッキリ起きれると、溢れ出る万能感が得られます。

たまに頭や目を使いすぎて辛い時は仮眠を15分くらい取るだけで驚くほどスッキリするので長い睡眠って本当にいらないんじゃあ、、と感じます。長時間寝ても結局途中睡魔が出たりもしますしね。

そういうわけで、今後もショートスリーパーになるべく実験をしていきたいと思います。