人生をシンプルに生き延びる☆

毎日やりたいことだけやって生きていく(時にはしたたかに)。ミニマリズムな生き方・考え方を綴ります。

在宅仕事を模索しながらの開拓。

f:id:simpledancer:20201001152646j:plain

やめていたwebライティング、たまたま知人とチャットしてる時に「暇だったらやる?」というゆるい取り決めで、継続案件をいただきました。
下手にクラウドソーシングで案件を探すよりもかなり高単価です。スキル的にはワードプレスでの入稿とか少し文章のアレンジができればいいので、単純作業ではあるものの
内容の割にはいい。
以前は5000字で1000円とかのライティング(しかも2日以上時間かかった)とかクラウドソーシングでやってました。
その他きっとweb系の仕事は直受けした方が高単価ですね。
twitterとか見ると、在宅ワークでゴリゴリ稼いでる人もたくさんいますが、「しょーじき、しんどいなあ〜」って思いませんか、かといって、ポイ活やクリックするだけで云々という怪しいやつは「何やってるの私、、、」となると思います。なのでガツンとは稼がなくても堅実にコツコツ、手堅く在宅の方向も模索していこうと思います。
(この書いた記事が公開したあとなぜかスマホ操作により、また公開前の下書きに戻ってしまっていたので再度加筆)

在宅でできる仕事

比較的簡単とはいえ、webライティングはタイミングとスキルも多少いるけれど、そのほかのweb系に比べれば随分参入しやすいなと思いました。
その他、ライブ配信もなんだかんだこれからまだまだ参入の余地はあると思います。
私自身は病気になってしまってから、少しの間続けていましたが、今は実家暮らしで声が筒抜けなので、ちょっとやめてますが、朝の二度寝習慣を断ち切るために、また朝復活しようかなーなんて考えてます。

オンラインアシスタントという仕事もあります。事務や秘書などを在宅で!拘束時間はあるものの、外で働けないけれど、ちょっとした事務スキルを持っていたら確実性があるのでいいのかもしれないなあと思いました。

 

このフジコさんという会社だと、事務作業の他、翻訳、web系デザイン、文字起こし、などもあるそうです。
個人的には派遣会社の方が、スキルアップ支援などがあったりするので、複数登録しておいて、仕事を探しつつというのがいいなと思いました。

在宅は出社するストレスが無いが出会いも減る

私は一人大好きなので、在宅案件はありがたいのですが、やっぱり人との出会いが激減します。コロナ時期「会えない」のでストレス、、、ってなってる人が多かったと思います。今は通常運転に戻ってきている企業が多いのでしょうか。
特に私は海外から2月に帰ってきて、そのあとコロナ→病気療養→入院→ニートと順調に人と会わない生活を送ってるので、本気で人に会ってません。そうすると新しい人との出会いも減るしなんか勿体無いな〜なんて思うようになりました。

そういえば10年ほど前から付き合いのある友人が本を出版しました!↑


そういう意味では興味あるイベント(勉強会とか)、習い事、立ち飲み屋?など知らない人と会える場所に出向くのもいいですが、やっぱり仕事をオフラインでするのが一番人と出会えるのだなと思いました。しかし40代未経験、なかなか道は険しいです。頑張ります。

病気や怪我、介護で外に出られない時のセーフティネットを調べておく

f:id:simpledancer:20200303082419j:plain
私はノマドワークを今まで結構調べていたので、オンラインの仕事に移行しやすかったのですが、仕事=働きに出なくてはいけない という概念だと、病気、怪我、介護、子育て、etcの時にどうしても不安になってしまいます。
私自身、勉強していたものの、取りたい仕事が取れなかったりすることも多々あったので、とにかくいろんな可能性で在宅で仕事できるものを調べました。
スキルがいるものももちろんあるけど、スキルのいらない在宅ワークをしながらスキルを磨くということもできるし、自分の中で「これは好きだけど、こういうのはちょっっと」というものを選別していくためにも、どういう在宅仕事があるのか知っていくのはとても大事だなと思いました。