人生をシンプルに生き延びる☆

毎日やりたいことだけやって生きていく(時にはしたたかに)。ミニマリズムな生き方・考え方を綴ります。

スーパーで手に入る大豆ミートのお惣菜

f:id:simpledancer:20210412133945j:plain

私は最近ほぼベジタリアンの食生活をしています。
お肉はもともとやめていたけれど、魚、卵、乳製品も最近ではできるだけ取らないように生活しています。
よくスーパーの大豆ミート製品などを物色してるのですが、最近出会った製品の中でなかなかおすすめでベジタリアンじゃない人にもおすすめの製品を次々発掘できたのでご紹介してみます。

大豆ミートのサラダチキン

f:id:simpledancer:20210411213513j:plain
見た目もほぼサラダチキン。でもこれ、大豆で作られているので、ベジタリアンの方や動物性を控えたい方におすすめです。
食感は、少しパサついた鶏肉?くらいなイメージで、味は普通に昔食べてたサラダチキンと遜色なく。
個人的には全然パサつき感は問題ない程度です。
ちなみにこの大豆のサラダチキンは未だ、敦賀の平和堂でしか見かけたことはありません。お値段は普通のサラダチキンとそう変わりなく、店舗の価格で258円でした。

大豆ミートの焼肉

f:id:simpledancer:20210411213517j:plain

こちらも同じく伊藤ハムの製品です。
味がかなり濃いので単体で食べるのは辛い。
私はキャベツとかブロッコリーとかと一緒にレンチンします。本当は炒めた方が美味しいと思います。
食感は少し牛タンに似てるかな?平たいタイプの大豆ミートを使用してます。
これと似たシリーズでうま塩レモン的なやつもありますが、味的にはこっちの方がなんでも合うような気がします。

www.itoham.co.jp

大豆ミートのハンバーグ

f:id:simpledancer:20210320143753j:plain

ハンバーグ系は各社色々出していますが、イオンのものはこれとトマト味と二種類あるので気分で選べます。伊藤ハムの大豆のハンバーグも美味しいですが、お値段的にこちらの方が少し安かった気が。
店舗価格で298円。
個人的にはトマト味よりもこっちの玉ねぎの方が好きかもしれません。

大豆ミートの躍進が嬉しい

prtimes.jp

大手スーパーが大豆ミート製品をかなり大々的に取り上げてくれたり、品揃えも増えてきてかなり嬉しい限りです。そして、味も美味しいし、ベジタリアンではない人も「こっちの方が体にいいな」と実感してもらえたら、お肉の消費がどんどん減っていくと思いますし、もともと肉食だった私の感想としては、加工品(ナゲットやハム、ウィンナーなど)は大豆でここまで再現できるなら、全く問題ないし、むしろ気づく人は少ないのでは、、?と思います。

一気に家畜の量が減ることはないかもしれないけれど、消費者のニーズがちょっとずつでも移行していけば殺される動物も減るし、環境問題的にも少しでも良い方向に向かっていくのではないかと、、草の根運動(大豆ミートの購買やアピール)を続けます。
まあ、もちろん大豆ミートも加工品なので、本当であれば自分で豆腐などを調理した方がいいんですけど。環境や状況でできないし、何しろ手軽に試せるし美味しいのがいいです。