人生をシンプルに生き延びる☆

毎日やりたいことだけやって生きていく(時にはしたたかに)。ミニマリズムな生き方・考え方を綴ります。

ミニマリストのちょっとした贅沢の気分転換

f:id:simpledancer:20201105171341j:plain
1日に1回は外でコーヒーを飲みます。
最近は家でニートなので練習や通院が無い日は単にお茶をしに外出するというだけの時も多いです。
服もこだわらないし、遊びにも行かないし、人とも会わないし、、、
ということですごく毎日地味なのですが、最近は変わったメニューというのも食べたく無いし、ベジタリアンなので外食もできる店が少なく、時々食べるカフェでのおやつがちょっとした贅沢です。

コーヒーチェーン店のベイクドチーズケーキランキング

f:id:simpledancer:20201105222502j:plain
甘いものはそこまで好きでは無いのだけれど、チーズケーキとかスィートポテトとかは時々コーヒーのお供に買うことがあります。
ケーキの場合は大体ベイクドチーズケーキです。
私はヴィーガンでは無いので、乳製品は外食でちょこちょこ取る程度にはいただきます。

個人的にベイクドチーズケーキをチェーン店のカフェで頂いたところ、

順位的には

  1. スターバックス
  2. ドトール
  3. タリーズ
  4. カフェde クリエ
  5. ベローチェ

という順番になりました。あくまで割と全国にあるカフェでの個人的な好みです。
スタバとドトールはどっちがどっちかな〜と思ったのですが、貧差でスタバが出たという感じ。下のクッキー生地が割と好きです。ドトールは下の生地にレーズンが入ってるので変化球って感じでこれも美味しい。
タリーズは5店舗の中で値段が一番高いのだけれど、その割には普通、という感じ。悪く無いけど、って感じですね。
カフェdeクリエはレモンがちょっとキツすぎるのと、下の生地がパサっとしたスポンジでちょと残念。ベローチェは値段が一番安いけれど(310円)やや粉っぽいかな?
多分普通にケーキ屋さんとかで食べたほうがチーズケーキは美味しいかもしれないんですが、(ケーキ屋さんは行かないので)

値段線は310円~430円ですが、大きさ、素材などなどやはり値段と釣り合ってる部分もあるかな〜という印象。

Mサイズにサイズアップする

私はカフェだと基本的にショートサイズ(S)を頼むのですが、たまにソイラテの時は
Mサイズを注文するときがあります。
そのとき、ちょっとした贅沢をしたな〜と感じてしまうことがある。(+50円とかなんだけど)
ブラックのコーヒーの場合は飲むペースが遅いのでMサイズなんかだと、ホットは冷めてしまうし、アイスだと氷が溶けきってしまうので大体Sです。海外に行くと日本のSサイズが売ってないので、大体持て余します。(ブラックのトールサイズは永遠に減らない気がしました)
Lだとちょっと多いけど、Mサイズだとちょっとたっぷり目で、満足なので自分に対するご褒美なのか、なんなのか、たまに注文してしまいますね。細やかですけど。

ドトール、私も好きで、というかフードのクオリティは他のチェーンのコーヒー屋さんの中でも群を抜いてると思うんですよね。値段もリーズナブルだし。

サウナ・大浴場

f:id:simpledancer:20201019222631j:plain

↑(2泊で5000円のビジホで1000円もらいました。)
コロナになってから、行く日が減りましたが、大浴場やサウナはちょっとした日々の贅沢です。
大きいお風呂やサウナ、疲れも取れるし、モヤモヤがスッキリします。
先日はGOTOを使ってアパのビジホで1日3回サウナ入ってました。
サウナはいいですよ、整います。
下手な整体に行くより個人的にはおすすめです。
運動した後も筋肉がほぐれやすくなりますし、大きいお風呂に入るのも嬉しい。
あとは混んでる浴場はストレスなので、なるべく人の少ない平日の昼間か深夜に入るのがおすすめです。
温泉じゃ無い限りは新しい浴場の方が諸々清潔なので私は新しい所の方が好きです。わびさびよりも清潔さが大事です。

日常のちょっとした気分転換を知っておくこと

f:id:simpledancer:20201105171729j:plain
毎日何かしら嫌なことだったり、落ち込むことがあっても好きなものや気分転換できるもの、自分へちょっとした甘やかすことができれば、気持ちも引きずりにくいし、生きやすくなると思います。
今でも日々モヤモヤしたらどうしようもないときはこんな感じでちょっとした贅沢を自分に与えてあげるって感じです。
今まで散々お酒や高いレストランでご飯を食べたりしたけれど、そこまでの幸福感とかなかったな〜と思ったんですよね、もしかしたら自分でお金を出してたら別だったのかもしれないけど、どこかで、「お金を出してもらっているから、この時間は相手を楽しませなくてはいけない」と思ったりしてたのかもしれません。

ある程度年齢を経て、最近やっと自分を幸せにするものというのがちょっとずつ見つかってきたような気がします。